コーヒーの効果に隠された意外な真実

[ad#co-1]

コーヒーが好きだという人はかなり多く
仕事しながら飲んだり、
話しながら飲んだり、
リラックスしたときに飲んだり、

様々なシチュエーションでよく飲まれます。

 

今回はそんなコーヒーに関する素朴な疑問について
お答えしていきます。

 

 

コーヒーの効果

コーヒーのメリット

コーヒーには誰もがご存知のカフェインという
覚醒を促進する神経伝達物質が入っています。

 

交感神経を活性化する為、
何か作業する前や、
身体をちょっと動かす前に飲むと
頭が冴えて、作業効率が良くなるとも考えられます。

 

となると、作業する前や身体を動かす前に飲むと効果的とも言えますね。

 

イギリスのラフバラ大学で行われた実験で、

睡眠不足の際に、一杯のコーヒーを飲んで、
15分間目を閉じてリラックスすることで、
驚くほどリフレッシュできるというが分かったそうです。

 

つまり、昼寝をするならば、
コーヒーを飲んで、15分程度の昼寝が一番効果的!?

なのかもしれませんね。

 

コーヒーのデメリット

コーヒーに含まれるカフェインには血管の収縮や筋肉の緊張を
高めてしまうことで頭痛を引き起こす原因となります。

一般女性の鉄必要量は1日当たり約12g/㎗とされていますが、
夏など汗をかくことでも鉄が漏出することから、
普段の食事から意識して鉄を摂取する必要があります。

 

鉄を多く含む食品としては、
・赤身の肉や魚、
・納豆、
・海藻、
・ほうれん草

などの緑黄色野菜が挙げられます。

カフェインを含むコーヒーは、鉄の吸収を抑制するため、注意が必要です

もし、朝一番に飲むのであれば、
牛乳をたっぷり入れたカフェオレにして
コーヒーは貧血気味の方にとってはNG。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は鉄分と結合しやすいので、
鉄分の吸収が少し悪くなります。

 

食後にコーヒーを飲む場合、食事でとった鉄分が失われてしまわないように
少し時間をおいてから飲むようにしてくださいね。

[ad#co-2]

コーヒーを飲む良い時間と悪い時間

コーヒーは暑い国で産まれた飲み物です。

ということは、もともとは身体を冷やすために
生まれた飲み物なのです。

 

朝起きたときに目覚めの一杯として
飲まれる人も多いし、そのコーヒーが
クセになるほど美味しいのですが
身体を冷やす飲み物なので、
実は朝起きた体を覚ましてはくれません。

 

なので、朝一番のコーヒーは避けた方が
いいでしょう。

 

では、コーヒーを飲むのに最適な時間帯はあるのか?

これを知るには

あなたの睡眠時間帯

が関わってきます。

 

もし、あなたが12時に就寝するのであれば、
その”5時間前までがコーヒーが飲めるボーダー”
なります。

 

5時間もすればカフェインの効果が薄まってくるので
睡眠に支障がでることも、胃腸が荒れてしまう事も
なくなるのではないでしょうか。

 

コーヒーは1日何杯までいいのかな?

コーヒーには様々な効能があることが提唱されていて

・1日にコーヒー1杯でも飲む人は、脳卒中のリスクが低下する

・1日にコーヒー3~4杯飲む人は、心疾患のリスクが低下する

・1日コーヒーを3杯以上飲んでいる人は、がんのリスクが低下する

 

このほかにもいろいろ言われていますが、仕事や外でコーヒーを
飲むときは男性の場合は缶コーヒーを飲むことが多くなります。

 

簡単に1日何杯までコーヒーを飲んでいいのか
気になりますよね。

コーヒーカップ:1日4杯まで
マグカップ:1日3杯まで
缶コーヒー:1日3~4本まで

このような結果になります。

これはあくまで、健康な人に言えることで
妊婦さんなどは該当しません。

おすすめの記事