ダイエット 方法を成功させるのはシンプル?5kg痩せる秘密の実践法

男性も女性も30代や40代になると
ある程度の人が考えることが多くなること。

それは

ダイエット

のことについてですね。

ネットで

・ダイエットの方法

・ダイエットの運動

・ダイエットの筋トレ

などを調べるようにいつの間にか
なってたりします。

 

体がだるい、

関節があちこち痛くなってきた

お腹が重い、

他にも様々あると思いますが、
大体このようなことを思ってから

「あー、ダイエットしなきゃな」

と考えるきっかけになりますね。

 

今回は、ダイエットするには結局のところ
こう考えて実践すれば成功するよ!

ということをお伝えしていこうと思います。

[ad#co-1]

ダイエットの基礎

まず、むやみやたらにダイエットを開始するのは
ちょっとマズいかもしれません。

というのも
治療者目線から見ると効率悪く、根性で
ダイエットする人も多く、体への負担は
大変大きく感じる。

 

ダイエットをするときに体の負担を軽くするためには
ダイエットを始める前にある程度、体の基礎というものを
考える必要があります。

 

ダイエットといえば
「食事」を一番に考えるはずだ。

食事のメニューや時間帯、質や量など食事だけでも
考えることは多々あるが、それだけではダメだということ。

食事の時にセットで考えてほしいのは

姿勢です。

 

食事のことをしっかり考えていても
ここが乱れていては効果は激減します。

関連記事:ダイエットで食事する時に怠ると生涯体に及ぼすヤバいこと

 

 

次に効率性を考える必要があります。

ただ食事で制限するばかりでは体のストレスも大きくなるし
食事ばかりにダイエットを頼るようでは精神的にも
続かないでしょう。

 

日常的に生活を送るなかで常にカロリー消費量が大きくなれば
仕事や生活をしているだけでダイエットの効果が高まります。

それを可能にするのが

代謝です。

 

まず、代謝を上げる方法はたったの3つしかありません。

関連記事:基礎代謝を上げるたった3つの重要項目

 

ここを理解しておきましょう。

 

基礎代謝を上げることができれば、食事以外でも
ダイエット効果が高まります。

だって、体を動かすだけで代謝が促されるので
基礎代謝が高ければそれだけダイエットに必要な
カロリー制限をする手間が省けます。

 

カロリー調整を何もかも食事でしようとすると
ちょっと無理があります。

[ad#co-2]

ダイエット目的の運動

ダイエットをするために必要なものとして
運動をすることがあげられます。

運動をすればさらに代謝が良くなり、
カロリーも消費できるのでダイエットのためには
必要な要素の1つでしょう。

 

まず手っ取り早くあげられる運動としては
歩く(ウォーキング)が考えられます。

 

歩くことって簡単に考えられてますが、
実は落とし穴があります。

ダイエットしようと思って歩いていても、
歩き方次第で逆に太っていく場合もあります。

関連記事:太ももをダイエットする超効率的な実践法

 

実はこの状態に陥っている人ってけっこう多いです。

「なんでウォーキングしてるのに痩せないの?」

と考えて「ウォーキングなんて効果ないんだ!」と
勝手に思ってしまうのですが、そもそも歩き方が
ダイエット効果とは逆の太るための歩き方をしている
だけなんです。

 

これってかなり勿体ないですね。

 

続いてダイエット目的として考えられるのは

ストレッチ

ではないでしょうか?

 

僕もストレッチを指導することがありますが
これまたむやみに行っている人が多いというのが事実です。

 

ストレッチって間違ったやり方をしていると
痩せにくい体を作ってしまいます。

せっかく頑張ってダイエットしているのに
逆に痩せにくい体を自分で作ってしまっていると
考えると当然モチベーションがかなり下がりますよね。

 

そんな体を作ってはダイエットに支障をきたすので
ストレッチも気を付ける必要があります。

関連記事:ストレッチでダイエット効果を絶大に高めるコツ

 

ストレッチもダイエットに必要な要素なので
やり方を知っておいた方がよいでしょう。

 

ダイエットの本質

ダイエットの方法は本当にいろんな方法があって
年々新しいダイエット方法がでてきます。

そのたびに挑戦しては挫折してしまう人もいれば
成功して人生が変わる人も多い。

 

しかしながら結局のとこ

ダイエットの本質は変わらない

ということです。

 

ダイエットで成功する要素は

・食事

・運動

・代謝

この3つをどうやって自分がダイエットするために
組み合わせていくかということです。

どこに比重を置くかということもかんがえられますね。

 

たとえば
全体を10とした時に

食事 5 : 運動 3 : 代謝 2

とか

食事 3 : 運動 6 : 代謝 1

だったり。

 

ダイエットするための戦略ともいうべきでしょうか。

すべての要素に時間をかけることは不可能なので、
どこに比重を置いてダイエットを実行していくかが
重要だと考えますね。

 

すべてに平等に時間をかけようとすると
必ずどこかが曖昧になってしまいます。

まず、すべてを平等に進めていこうとする
考えは変えた方がいいでしょう。

 

僕も指導して、このような考えを伝えますが
すべてやろうとしてきた人は失敗してます。

 

おおげさに言うならば

食事、運動、代謝のどこか1つに「6以上」の
比重を置いた方がいいです。

食事 6 : 運動 3 : 代謝 1

食事 1 : 運動 2 : 代謝 7

という感じで偏った比重で考えてみましょう。

 

振り分ける方法としては

あなたが一番ここだったら挫折なく
時間かけてでも実行できるな

と思える部分です。

まずはダイエットしようと思ったら
計画を立ててどこに比重を置くかを
考えてみましょう。

闇雲にダイエットを実践するのは
挫折の原因になりますよ。

おすすめの記事