腰痛と靴の密接な関係とどんな靴でも腰痛を出さない技

僕は腰痛の緩和を目的に日ごろ
治療を行っているが、最近自分の
腰の調子が悪い事に気付いた。

[ad#co-1]

自分なりに体の調整はしてるし、
特に無理な姿勢で治療したり
作業したりはしていなかったので
なぜ調子が悪いのか疑問だった。

ここ最近のことを自分なりに振り返って
あることが見えてきた。

それは

重い靴を履いていたこと。

 

 

重い靴がなぜ腰痛を引き出したのか?

重い靴を履いていると、スニーカーや
シューズを履いている時のように軽く足を
振り出して歩けなくなります。

 

スニーカーやシューズだとスムーズに
足を振り出して歩けていたのが
重い靴になったら力が入って
いつもと違う歩き方になってしまいます。

 

スニーカーやシューズの場合

自然にいつものペースで歩くことが出来る。

足の振り出しも足先(つま先)から降り出して
スムーズにカカトから地面について
正しい歩きができる

 

重い靴の場合

いつものペースで歩こうとすると
かなり力を使って歩くようになる。

足の振り出しは、重く感じて
膝から無理やり足を振り出して
足の裏で地面について歩いている。

 

何気なくいつもはただ意識することなく
左右の足を振り出しながら歩きます。

しかし
靴の重さが違う事で足の振り出しかたも
違ってきて、その影響で腰痛が出てしまいます。

 

腰痛が出てしまう原因としては

この足の振り出した方の違い

に原因があります。

 

足の振り出しで腰痛が出る

足の振り出しで腰痛が出てしまうとはどうゆうことか?

 

重い靴じゃない時は
ムリなく足を前に降り出すことができる。
普段歩いて足を振り出すのは力を使って
足を前に降り出していると思われがちだが
実はあまり力を使って降り出してるわけではない。

 

しかし
重い靴になれば話は別。

 

自然な振り出しだけではとても
足が前に出ないので、それを補うために
膝を使って足を前に出さざるを得ない。

 

この膝の力を使って足を振り出すときに
腰にも負担がかかるようになる。

 

たとえば非現実的ですが
両足首に鉄球をくくりつけたイメージをします。

 

片足を前へ出そうとすると
どうしても片足立ちの瞬間になるときがあります。

その時です!

 

その時に一番腰に負担がかかってしまう。

その影響が何度も続くことにより腰痛が出てきて
しまいます。

[ad#co-2]

重い靴でも腰痛が出ない方法

もしかしたら、仕方なく重い靴を履かなければ
いけないことがあるかもしれません。

 

僕は雨降りに長靴を履くことが嫌なので
雨の日専用にしているブーツがあります。

それが重くて重くて(-_-;)

 

でも心配はいりません。

ちょっと意識を変えてみればいいだけです。

 

重い靴の場合、膝から足を振り出していると
お伝えしましたが、膝を使って足を振り出すことは
辞めましょう。

 

そして

しっかりカカトから地面に着けるように
膝に力を入れず、足先を投げ出すような
イメージで足を出します。

 

すると
その靴の重みで足を踏み出すことが出来ます。

 

まるで振り子のように足を出すことができるので
腰へかかる負担も最小限で済みます。

おすすめの記事