正座で腰痛を予防して健康を保つ

生活様式の変化によって今は正座をすることが
極端に減ってしまいました。

 

椅子に座っていれば背もたれもあって
楽ちんにぼーっと座っておくことが
できるので、いつからか僕たちの
体は「背もたれ依存症」になってしまった(笑)

結果、久々にフロアや畳に座ると
すぐきつくなってしまう・・・

 

そんな人は

腰痛になりやすい

体になっていますよ。
[ad#co-1]

 

正座で腰痛予防

両手をそれぞれ「ハ」の字に股関節の近くにおいて
背筋を伸ばして正座をしてみてほしい。

 

けっこうきつくないだろうか?

 

正座は姿勢を整えるのにちょうどいい座り方。

 

この時に、両カカトをくっつけるように座れると
姿勢の保持がしやすい。

ポイントは

内ももに力をいれること。

 

これは普通に正座をやってもできませんが
両足のカカトをくっつけるようにすると
内ももに力が入ります。

 

こんな人は辞めるべき

なるべく上記のようなことを生活の中に取り入れて
姿勢を自分で調整できると、無駄に整骨院に
お金を出さなくても腰痛は予防できます。

 

しかし、次のことに当てはまる人は辞めた方がいいです。

・正座をして膝が痛くなる人

・正座をして腰痛が増強する人

・正座をしてすぐ痺れが強くなる人

・むくみがある人

・足の循環が悪い人

 

これに当てはまらなければ
正座で腰痛を予防できるはずです。

 

上記に当てはまる人が無理やりやっても
逆に痛めてしまう場合があるのでやめて
おきましょう。
[ad#co-2]

背もたれ依存になると腰痛になりやすい

最初の方で書きましたが、

背もたれ依存症の人は腰痛になりやすい

です。

 

なぜかというと

その分、他の部分の負担が大きくなる

からです。

 

どういうことかというと、
たとえば読書を今からするとしましょう。

ソファーの背もたれになっかかって
本を読んでいます。

 

背もたれがあると自然とそれに依存して
なっかかってしまう。

すると、そのなっかかった分を必ず
どこかで姿勢のコントロールをしています。

 

たとえばこの場合だと「首」ですね。

 

なっかかるということは
重心が後ろに移動します。

そうすると体って違和感を感じるんです。

「このまま重心が後ろに移動したら姿勢が取りづらいなぁ~」

という感じで。

 

それをどうにか補うために首を使って
前に重心を置こうと顔を突出させます。

 

顔を突出させたことにより
首に多大なストレスがかかります。

 

このように背もたれに依存したときは
どこかに負担を必ずかけることになります。

 

腰痛になるのは何も腰の筋肉にストレスを掛け過ぎている
ことだけが原因ではありません。

 

腰以外の筋肉や関節に負担がかかりすぎて
変な姿勢のコントロールをしようとするから
腰痛が出てしまうことだって原因としては
多いのです。

 

そうならないためには
体幹が一番筋肉も大きいし、
姿勢を保持しやすい筋肉が
いっぱいついています。

つまりは
背もたれを使って腰痛から身を守るのではなく、
腹筋や腰の筋肉をバランスよく使って腰痛を
出さないようにするべきです。

 

そのためには
正座の際に体幹がスッと伸びた時の
姿勢を覚えてそれを自然と保持できるように
なることですね。

おすすめの記事