冷え性の改善に絶対必要な対策法

冷え性の人の体には共通している部分があります。

それは

”ふくらはぎが冷えている”

ということです。

 

だから結論から言うと

冷え性の改善にはふくらはぎを攻略する

ことが必須になります。

 

僕は普段、腰痛の人や他の症状を訴える人を
見ていますが、ほとんどの人は
ふくらはぎが冷たいです。

 

ふくらはぎが冷えると
基礎代謝が低下して
腰痛も引き起こしやすくなります。

 

ふくらはぎは女性の場合、
スカートやホットパンツなどを履いて
露出されることが多いため、冬などは
ダイレクトに寒さの影響をうけます。

[ad#co-1]

<ダイレクトに寒さを受けるとどうなるか?>

股関節から太ももの部分は筋肉がの種類や量が多いので
熱が産生されやすく温まりやすい箇所です。

しかし、ふくらはぎには筋肉は多くはなく、
動きもあまりないので熱が産生されません。

ふくらはぎって体の構造からしても
冷えやすい部分なんですね。

 

じゃあ、ふくらはぎが冷えるとどうなるのか?

筋肉が硬くなって、その影響で血流が悪くなり
ギュッと筋肉が縮こまってしまいます。

 

そして、
体の動きが重くなったり、
体が動かしづらかったり、
精神的にマイナス思考が強くなります。

これは僕が患者さんを見てきた経験です。

 

あなたも知っての通り
ふくらはぎって「第2の心臓」と
言われていますが、足に滞った血液を
心臓に戻すポンプ作用を担っています。

 

しかし筋肉が硬くなると、

ポンプ作用が低下

血管も細く収縮

血流が悪くなる

 

という連鎖がうまれ、
ふくらはぎの冷えは血流を循環させることが
ストレスになり全身の血流不全と冷えの原因に
なるというわけです。

 

冷えた状態が長く続くと
自律神経やホルモンバランスが崩れ
体に様々な不調や痛みを引き起こしかねません。

 

<色んな人を治療や運動指導してきて>

冷えが強い人たちには僕は
ふくらはぎをまず温めてから運動するように促しています。

すると
ほとんどの人が関節の動きが良くなるし、
身体機能も良い状態で試合に臨んだり
ケガをしにくくなります。

 

それも循環が良いとしても

冷えた血液

では意味がありません。

 

大切なのは

温かい血液が全身をめぐること

です。

 

実際にふくらはぎを温めると
体温が上昇し、筋肉の柔軟性も上がるので
身体機能もあがり、
痛みも出なくなり、
ケガもしにくくなるので

パフォーマンスが上がります。

 

また、免疫力も高くなるので
病気の予防にもつながりますね。

体温は37度に近い方が免疫力が高いです。

 

なので
冷え性の予防・改善には

”ふくらはぎを温める”

これを徹底しましょう。

 

おすすめの記事