寝る方法の理想形と腰痛にならないための健康寝姿勢

あなたは寝るときに、どのような態勢で寝ているか把握していますか?

 

まぁ、寝るときの姿勢や態勢なんて意識していると
気になりすぎて逆に寝付けないかもしれませんが(笑)

そういっている僕は、あまり体に無理やストレス、
疲れが翌日に残らないようにと思いながら
寝ています。

 

きっと、意識している人は少ないはずです。

では、このように聞いたらどうでしょう?

眠る姿勢や態勢というのは
実はあなたの睡眠の質に影響を及ぼしているかもしれない・・・。

 

質の良い眠りは美容にとって欠かせないもの。

そこで今回は、「眠る時の姿勢」についてお伝えします。

あなたのタイプは?睡眠時の姿勢の影響とは

眠りに入りやすかったり、
寝やすい姿勢だったり、
寝る行為は人それぞれありますが、
普段の寝方を振り返って、その長所と短所をチェックしてみます!

【仰向け】

長所

安静の肢位とも言われ、人間にとって一番、楽な状態。
腹部を圧迫しないので、呼吸が楽。左右のどちらにも寝返りを打ちやすい。
血液循環もストレスなく、されやすい状態ともいえる。

 

短所

マットレスが合わないと、腰に負担がかかりやすくなる。
いびきをかいてしまいやすい。

 

【うつ伏せ】

長所

身体の前面に布団が当たるため、安心感がある。
気道が確保されやすいので、いびき予防にもなる。

 

短所

姿勢が安定しないので、様々な部位に痛みを生じやすい姿勢とも言える。
特に首や腰を痛める可能性が強い。
また顔の皮膚、骨格に負担がかかりやすく、ゆがみやすくなり、
顎関節へのストレスも大きくなる。

 

 

【横向き】

長所

気道を自然な状態にキープしやすく、いびきや鼻づまりの予防に効果的。
睡眠時無呼吸症候群がある人には一番有効な寝る姿勢。
妊娠している場合は、母体にかかる負担を和らげられる。

 

短所

枕の高さが合っていない場合や、極端に寝返る頻度が少ない場合は
肩こりや腕のしびれの原因にもなる。
いつも同じ方向を向いていると身体の歪みにつながる可能性も。

 

 

最も体にやさしい理想の寝姿勢って?

寝る時に体に優しい理想の姿勢は、
”壁に背中をくっつけて、まっすぐ立った姿勢の状態”

言ってみれば
この理想の状態が保てたら、姿勢が崩れることなく、腰痛や肩こりを引き起こす
可能性は低くなります。

 

睡眠中も首から背骨の緩やかなカーブを保つには、
「仰向け」と「横向き」の2つの姿勢をとるのがおすすめですよ。

 

実は「寝返る」ことが大切!

寝る時にもうひとつ重要なのは、「寝返り」です。

理想の寝返り回数は、一晩で20回程度と言われています。

 

寝返りを行う事によって身体の一部分にストレスがかかるのを防止することができ、
全身の血液がスムーズに流れやすい状態を保てます。

 

 

マットレスが硬すぎると寝返りが多くなり、柔らかすぎると寝返りが打ちづらくなるので、
眠りやすく、自然な姿勢を保てるように、自分に合った硬さのマットレスを選びましょう。
また、理想の姿勢を保つためには、
マットレスに合わせてまくらの高さを調整することも考えてみましょう。

 

おすすめの記事