ゴルフスイングで初心者が安定しない本当のワケ

ゴルフは野球と違い、止まっているボールを
打つため、最初に構えたところにクラブヘッドを戻す
スイングの動きの再現性が必要になってきます。

 

そのため
安定したテイクバック、ダウンスイング、フォロースイングの
軌道をどう意識するかが重要になってきます。

 

テイクバックやフォーローバックで同様の
体のひねりや回旋動作、体重移動が行えれば
いいのですが、難しいところです。

 

体の回旋や体重移動を安定するには

ここで分かって頂きたいのは
体の左右両側を使うスポーツであるということ。

 

そうなれば
体のゆがみも安定させるための大きな要素となります。

 

体のゆがみを無視して、安定しないときに
「今日は不調なんだ、うんうん」

と自分を納得させていると、その日その日に
スイングを合わせてしまい、本来の調子の良い
スイングを忘れさせてしまいます。

そうすると、どうすれば自分のあったスイングであるかを
見失ってしまいますね。

 

不調だった、
何か前より下手になってきた、

とか思ってきたらゆがみの問題も考慮したほうが
根本的な解決になるでしょう。

 

 

ゴルフのスイングで最初にゆがみの影響を受けるのは
テイクバックの時です。

 

右利きの人がゴルフをした時
右に腰が回りやすく、重心も右に移動しやすくなります。

腰は右に廻っているわけですから
体の回しやすさには左右差があり、
テイクバックの時は腰が回りやすくなってしまう
傾向があります。

 

テイクバックで腰が必要以上に廻りすぎると
シャフトクロスしやすくなってスイングの軌道に
影響を与えます。

このようなことを意識しながら
テイクバックでは腰の回旋をいれすぎないように
スイングすればショットの再現性は
上がるはずです。

 

 

おすすめの記事