ウォーキングのダイエット効果を上げるたった1つの工夫

こんにちは、masaruです。

 

ウォーキングされていますか?

ここ最近、かなりウォーキング人口増えてきていませんか?

健康志向かなり高くなってきてますね。

 

今回は、
【たった1つの工夫でウォーキングで得られる効果を倍にする方法】
です。

 

重心の位置って腰の位置できまるんですが
正しい歩行をして効果を倍増するためには
腰はどの位置にあればいいのでしょうか?

 

早く歩こうとすると、上半身が前は前へと
進んでしまうような前傾姿勢優位の
歩行になってしまいます。

このような歩行スタイルだと、上半身に対して腰が位置することに
なるので、重心の移動が効率よく行うことができず
腰に負担がかかったり、
腕振りの効果を得ることもできません。

 

じゃあ、どのようにしたら腰のポジションが
正しい位置に持ってこれるかというと、

”前後の正しい姿勢を体験する”

です。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんね(^_^;)

 

たとえば
「立ったまま正しい姿勢をしてみてください」

というと、ほとんどの人は
思った以上に上半身をのけ反らせた姿勢になってしまいます。

 

そのような人たちは
普段から、上半身を丸めて歩ていていたり、
カカト荷重になってしまっているわけです。
(スポーツではカカト荷重が必要な場合もありますが)

 

真っすぐの姿勢の状態で背中が丸まってしまうと
自然に腰の位置は後方へ下がってきます。

腰のポジションを前方へ持ってくるには
胸を張るようにして、背中はまっすぐにすると
腰が前方のポジションに促されます。

 

次はこの姿勢をキープして歩く

正しい姿勢は確認できましたか?

ではその姿勢を保ったまま今度は歩きます。

 

だけど・・・

意識していないとすぐ戻ってしまう・・・(>_<)

 

じゃあ、どうすればいいのか。

周りの安全確認をして、

「上を向いて」

歩いてみましょう。

 

上を向いて歩くと、あら不思議!

意識せずとも胸が自然に開き、背中もピンと
伸びた状態で歩くことが可能になります。

 

そのまま腰から前へ進む感覚を体感してみて下さい。

 

腰から前へ進む感覚をつかむことができたら
そのまま頭をゆっくり下げてみてください。

そうです。

今のあなたがイメージの中でやってみた姿勢が
腰も背中もいいポジションを保った姿勢なのです。

 

また、

腰が正しい位置にくると、上半身が下半身にスーッと
運ばれていくような感覚になります。

 

本来はそのような状態が望ましいわけで
下半身もそのような感覚になれば疲れることが
いままでよりも軽くなります。

同じキョリを
今までの姿勢で歩くのと、
今回説明した姿勢で歩くのでは

かなり差は出るはずです。

 

そして姿勢こそがそれぞれの機能を発揮しやすく
するための環境づくりでもあるので、効果も
倍増するということになります。

 

 

おすすめの記事