腰痛悪化を防ぐための寝具グッズ

腰痛は緩和や治すことも大事ですが、実は悪化させないように
コントロールすることも必要です!

ベッド



寝具の環境を整えるのは、腰痛を悪化させないためにも大事なことです。

睡眠は生活時間の30%を占めているため、この時間で悪化させてしまうと
どうしようもありません。

私にとってマットレスは「人が呼吸するのと同じぐらい大事」なことだと
思っています。

これはほとんどの人が陥りやすいのですが
整骨院や病院に行って治療してもらったら
腰痛は治る!と考えている人が本当に多い!

治療家から言えば、治療する時間なんて
たかが40分程度です。

1日のうちの40分ですよ。

これと寝ている時間を比べてみてください。

1日の40分と、1日の30%では大きな差があり
どうしても多くの時間を占める環境の方が
腰痛を良くも悪くも左右する因子になります。

自分紹介

私が腰痛になった時も、1番こだわり、
重視したことの1つでした。
【モットン】公式サイトはコチラ

それも睡眠中は時間も長い上に、意識もコントロール
することができません。

これってつまり、負担がかかる姿勢を無意識でとらされてしまい
悪化させる可能性が高いということ。
悪化させたくてしてるわけではないのに、このような環境を
作ってしまっています。

起きているときは意識的に姿勢や腰に負担をかけないように
気を付けているのに、眠っているときに悪化させてしまっては
意味がありません。

腰痛が長引くだけです!

よく、マットレスは体圧分散のことに関して
優れている点を説明していますが、私が大事だと
思っているのはそこではありません。

むしろ「寝返り」

この寝返りは腰痛の人にとって寝返りが一番の難敵なのです!

睡眠中の寝返りは自然と行われる動作であり
寝返りをしない場合、腰に負荷が蓄積されていきます。

そのため寝返りは睡眠中に必要な動作であり、これを抑制しようとすると
良好な睡眠はとれません。
(これは実際に自分で試した経験があります。もしよかったら試してみてください)

寝返りに対して考え抜かれたマットレスはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする