腰痛により足の長さが違ってくる?

SNSフォローボタン

フォローする

腰痛がある人は足の長さが違う事を
訴えられる人がいます。

足の長さが違うといっても
本当に足の骨の長さが左右で違うということではなく、

「左右で股関節の高低差がある」

ということです、。

%e5%9b%b379

ブーツカットのパンツを履く方は
足の短い方の裾が地面と擦れてしまったり、

歩いているときにどちらかの足を
よく躓いたりしてしまうことがあるはずです。

では
足の長さがあることにより
「短い」方と「長い」方に分けられますが
それぞれにどのような影響を与えてしまうのかまとめてみます。

>>>短い足への特徴

・体重がかけやすくなる

・動いているときのバランスを取ることが苦手

・安定して立つことができる

・「休め」の時に体重をかける

>>>長い足への特徴

・体重をかけにくい

・バランスがとりやすい

・グラつきやすい

・躓きやすい

このように分けてみるとそれぞれで特徴があって
「あ!これあるある」って思い当たることが
あると思います。

ちょっとした段差にも短い足のほうで着地をすると
その時に「ガクッ」と踏み外すような着地をしてしまいます。

ですので
自分にとって短い足の方は特に
気を付けて段差や高低差があるところなんかは
意識するようにすると大丈夫でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする