寝相診断!骨盤で分かる身体の状態

SNSフォローボタン

フォローする

仕事の合間にちょっと背伸びをすることってありませんか?

あれは体がストレスを感じているのを
自然に開放しようとする生理的現象ですね。

それと同じように人は眠るときに
身体が緊張して固まっているところを無意識に
解きほぐそうとします。

それが”寝相”になって現れます。

人それぞれに眠りやすい寝相があるけど
なぜか自然と普段しないような態勢をとることってないですか?

ちょっとここで
寝相のパターンにより

1.うつ伏せ

うつ伏せになって寝る人は、骨盤底部の緊張が強い人です。

何か不安や、強いストレスを感じている人に関しても
このような格好で寝ることが多くなります。

また
うつ伏せの状態から、片足を曲げて寝る人もいますね。

イメージはカエルが地面に這いつくばった感じ?
(余計分かりづらいですか(*_*;)

%e5%9b%b376

このように寝ると、骨盤が緩んで
とても呼吸がしやすくなります。

そして左足を曲げる人が多いです。

2.抱き枕を抱いて寝る

よく抱き枕がないと落ち着かないとか言う人も聞きます。

そのような人は、胸の緊張が強い傾向にあります。

胸が緊張しているということは
肩が前に出てきてしまい、肺の動きを制限してしまうため
呼吸が浅くなってしまうんですね。

そうならないために
何かを抱きかかえると肩や胸が自然に緩んで
余計なストレスがかからず呼吸ができるようになります。

3.横向きや何度も寝返りを打つ

このような人は
身体のねじれが強いかもしれません。

%e5%9b%b377

身体のどこかがねじれていると、
そのねじれた部分の周りの筋肉が緊張してきて
それをどうにかしようと寝返りを打ったりします。

そして
ねじれは背骨や骨盤あたりにおきやすいので
横向きで寝ることが一番ストレスがかからないのです。

寝相は体の状態や骨盤の緊張具合なんかを
教えてくれるもので、あなた自身が今どのような状態に
あるのかの指標にもなるので眠るときなんかに
寝相に注目してみると面白いかもしれませんよ(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする