整骨院や病院に行っても治らない原因

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちわ、masaruです。

腰痛を持った方とお話しをする時、
よくこんなことを耳にすることがあります。

「整骨院に行ったって治らない」

「病院に行っても全然変わらん」

あなたはどうでしょうか?
もしかして同じ想いをしていたりしないでしょうか?

僕はそれを聞いて
「そうでしょうね」
とお答えします。

例えば
あなたが何かについて勉強をしようとする時
いきなり応用的なところから勉強されますか?

小学低学年の時に算数で足し算や引き算を習いますよね?
最初は1ケタ(基礎)からやっていって、徐々に桁数が増えて(応用)いって
という風に勉強していきますよね。

これを当てはめると
腰痛を治すために必要な基礎は
「歪みを整える」です。

そして応用が「腰痛」にあたります。
(あくまで個人的な考えです)

基礎をとばして、いきなり応用部分を解こうと
しても難しいのと一緒で
「歪みを整えないまま」
腰痛を改善しようとしても難しいのです。

ですから腰痛を改善するうえで僕が大切だなと
思うのは治療前に
「腰痛を改善させる前提づくり」
が必要であると考えています。

詳しくは別のページで分かりやすく
説明しようと思っていますのでもう少し
お待ちください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする