運送業の職業の人は〇〇の柔軟性を高める

SNSフォローボタン

フォローする

こんばんは、masaruです。

今回は、もっとも腰痛のことで悩まされている
運送業の方を対象に書かせて頂きます。

運送業の方が腰痛にならないためによく言われているのは
・腰をよく落として荷物を持つ
・腰を入れて荷物を持つ

このようなことが言われています。

このことから、特に腰の使い方や位置を気を付けて
業務をすればいいと言ってるように感じます。

これも大事なことなんですが、私なりには
それに+αしてほしいと思います。

それは
股関節を使うということ

ほとんどの人が腰痛にならないために
腰を意識してしまうのですが、腰は
あくまで物を持つ時に安定した姿勢を保つまでです。

持ち上げるためには、足の力を必要とします

そしてこの役目は股関節が担うこと。

膝を使ってもちあげるよりも
股関節を使って持ち上げること。

股関節の周りはたくさんの筋肉で囲まれていて
この筋肉たちを動員することができれば
腰にかかる負担を減らすことができます。

なので・・・
柔軟性を高めるのはズバリ!

股関節です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする