脊柱管狭窄症の患者さんの話

SNSフォローボタン

フォローする

こんばんは、masaruです。

腰部の症状にも色んな診断名があり、腰痛を引き起こす
原因になったりします。

その中の1つに「脊柱管狭窄症」というものがあります。

脊柱管狭窄症とは背骨の中を通っている神経が何らかの
影響で圧迫されたり、ストレスを受けている状態で
厄介なのは足に痺れが出てしまうこと。

歩いていると、だんだん痺れが強くなったり
常に痺れが出ている状態になってしまいます。
(もちろんすべてではありません)

全然対処できなかったあの日

その人の症状にもよりますが、寛解するケースもあります。

治療を経験してきて、神経が原因の場合、何かしら
変化を与えるのは難しかったりします。

痛い状態で背中にストレッチをかけたら痛みは増強。
ただ揉み解したとしても、変化は全然ない。

こんなことの繰り返しでした(苦笑)

ですが、ある時治療して反応を聞いたとき
「あー、痺れが軽くなってる♪」

脊柱管狭窄に苦手意識がありましたが
初めての反応結果でした。

何をした?

今まではとにかく背骨の周りの筋肉に対してアプローチしていました。

しかし、その場所をちょっと変えてみたら良い反応が返ってきたんですね。

これも「緩ませる」のコンセプトをもとに試してみて
行った結果でした。

脊柱管狭窄症と診断はついても
それは「診断名」というだけのこと。

無理にストレッチをすることは止めた方がいいです。

ストレッチ = 何でも効く

ではないので注意してください。

PS
メルマガでしか話せない腰痛に関する内容を
配信しています。
メルマガ登録はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする