安室奈美恵が引退前に暴露!ライブをテレビよりも優先したわけ

安室奈美恵さんが2018年の9月で引退するという

ニュースは衝撃を与え瞬く間に広がっていきましたね!

 

このニュースは今年のベスト3に入るんじゃないでしょうか?

 

そんな安室奈美恵さんがテレビに露出せず、

ライブを優先したのか?

 

「これ深いなぁ~」って思ったのと

今の社会で働く人にとっても大事だなと思いました。

 

[ad#co-1]

安室奈美恵の共感できる言葉

安室奈美恵さんが全盛期の頃、かなりテレビに出ていたのを覚えてて

CDを出せば爆発的に売れてしまうほどの人気でした。

 

安室奈美恵のファッションを真似る「アムラー」という言葉も

出来るほどでのカリスマ性も持っていました。

 

 

そんな安室奈美恵さんがテレビに出なくなっていったのは

32枚目のシングル「Baby Dont Cry」からだ。


これは「安室奈美恵 告白」という番組で明かされたもの。

 

その理由としては

「何かおもしろいことを言わなきゃいけないんじゃないか。おもしろいことをしなきゃいけないんじゃないか、というのが苦しくなった。」

と語っていました。

 

「テレビよりもコンサートで生の私を見てもらってこんな私で良ければ好きになってもらえませんか?」

という考えで表現の場所をシフトしていったようです。

 

 

ダウンタウンの浜ちゃんとの掛け合いなんかも僕は好きでしたけど。

 

特に芸人とお仕事する場合は「おもしろいこと」を

求められるでしょうね。

[ad#co-2]

美徳

この言葉って日ごろ会社で働いている人にとっても

同じことが言えるような気がするんですよ。

 

 

「話すことが苦手なのに、人前に出て苦しい思いをしながら

コミュニケーションとって、抑圧した気持ちが爆発してきつくなってきた・・・」

みたいな感じで。

 

安室さんみたいに「おもしろいこと」ってなるとレベルが

高いので一緒にはできませんが、安室さんが言っていたように

自分を表現する場所って必ずあると思うんですよね。

 

 

これ変だと思うんですけど

耐えること = 美徳

 

だと日本人って思ってる人多くないですか?

 

たとえば

「入社して1年もしないで辞めるなんて根性がない!最近の子は耐えることを知らん」

とかよく言われる典型的な言葉ですよね。

 

MCなしのコンサート

安室さんの特徴としてコンサートにMCがないということ。

 

2時間MCなしぶっ通しコンサート!

 

僕もコンサートってちょいちょい行きますけど

MCがないのは今まで見たことがない。

(MCがないことに対して動画の10:27~10:33の安室さんかわいいっス)

 

MCがないことについても今回の番組で話していた。

 

日常の話やご当地の話を用意するのは大変だし

ネタがそこまでないとのこと。

 

たしかに20公演あるとして、それぞれで話のネタを

用意するのは難しいですよ。

 

ぶっちゃけましたね(笑)

 

「MCを抜いたコンサートをつくらせてください」と言って

その時に2時間のコンサートがキレイに収まって

「ムリしてしゃべらなくていいんだ♪」となったのが

キッカケのようです。

 

 

それからMCを失くしたことでコンサートをつくるのも楽しくなったと

話されている。

 

やっぱ自分自身が楽しくなくちゃお客さんも楽しませることって

できないですよね。

 

 

久々こうやってみましたけど、40歳とは思えない!!

 

若い頃よりもキレイってどういうことなんでしょうか( ゚Д゚)

 

おすすめの記事