膝の痛みは筋トレだけでは改善しない?!筋トレ前に2つのやるべきこと

SNSフォローボタン

フォローする

膝の痛みは筋力の低下や軟骨のすり減りで
出現してしまう困った症状ですよね。

そんな膝の痛みを軽減させるためにはどうしたらいいのか?

先ほど膝の痛みは筋力低下で出現していると言いましたけど
「じゃあ筋トレしたら膝の痛みって軽くなるんじゃない!」

そうです。実は膝の痛みって筋力が低下していることが原因なので
筋トレするとある程度痛みが軽減します。

筋トレだけで膝の痛みは治る?

では、どんな筋トレをしたら膝の痛みが軽減し、
解消されていくのか。

これについては結構な記事が書かれていますので
そちらの方を参考にしてほしい。

僕が感じたのは「膝の痛みには筋トレだけやってればいい」という
記事が多かったのでちょっと疑問を感じたわけ。

そもそも筋トレだけが膝の痛みを緩和させるわけではなくて
筋トレだけすると柔軟性が乏しい膝の動きになり、
結局今度は違う原因で痛みを出してしまいます。

筋トレ意外にすべきこと

僕も膝に痛みがある人には「股関節」「お尻」「膝関節」などの

筋トレを指示することが多いですが、それはあくまで

その人それぞれの筋力を見て判断しています。

たとえば、Aさんという人が膝に痛みがあるとして

股関節周囲の筋力はあるのに、膝周囲の筋力だけが低下している

こともあるのでそのような人には股関節の筋トレは指示せずに

膝周囲の筋トレを指示しています。

また、Bさんも同じように膝に痛みがあっても

股関節と膝関節の両方の筋力が低下していることもあり

そういう場合は両方の筋トレを指示するのです。

でも、まぁ膝周囲の筋力が低下している人はやっぱり多いので

膝の筋トレはやっても損はしないかな。

ただですね・・・

以前伝えたことがあるのですがこちらをまずは試してほしい。

勘違いされていることが多いのですが

関節の痛みは筋肉の影響だと思われている人がいますが

まずは骨などの動きが正常なのかを判断したほうがいいです。

筋トレしても緩和しない?!

筋トレをしても膝の痛みが軽くなるような感じがしないという人も

結構多いもの。

そういう場合はさっき紹介した方法を試してみてほしい。

膝には膝蓋骨(しつがいこつ)っていうお皿があるんだけど

この動きが悪くなっても膝の痛みが出てしまう。

だから筋力低下がすべてではないということ。

そしてもう1つここで伝えたいのは筋トレする前に

”たった1つコレだけはやってほしい”

というものだ。

それは、筋トレする前に

アキレス腱を伸ばすこと。

実はアキレス腱が硬いと膝や股関節の動きに影響して

筋トレをやったとしてもあまり効果が得られません。

どういうことかというと、膝を曲げたり伸ばしたりしている時

アキレス腱もその膝の動きに合わせて伸びたり縮んだりしています。

このアキレス腱が伸び縮みする柔軟性がないと

膝を曲げ伸ばしするときに制限をかけてしまいます。

実は膝蓋骨の動きが悪くて痛みが出るほかに

アキレス腱の柔軟性の低下で膝の痛みがでることも多いです。

だからこれが原因なのに、いくら膝が痛いから筋トレ頑張ろうとしても

意味がなく、まずはアキレス腱の柔軟性を出す。

それでも膝の痛みが続くようであれば筋トレに進めても良いという

判断ができる。

まずはこちらを実施してみます

↓↓

次にこちらで紹介しているストレッチ方法で

アキレス腱を伸ばします

膝が痛いから筋トレという判断ではなく

まずはこちらで伝えたことを試していってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする