股に手を挟んで寝ることで良い夢を見ることができる?

SNSフォローボタン

フォローする

寝る時って人それぞれに面白い癖ってありますね。

そんな寝ている時のポーズで心理が見えたり、
不安な様子が見えたりと心理を体で表すって
不思議です。

それも無意識なので自然としてしまうから
もっとも心理が現れやすいんでしょうね。

で、今回は寝る時に手を股に挟む人って
見たことないですか?

これ意外な効果があるのかもと最近気づいたので
シェアしたと思います。

寝る時に手を股に挟むのは悪い事なのか?

なにか癖があると体に悪いのではないかと気になりますよね。

今回のように「股に手を挟む」というのは
どのような時にしてしまうのか興味があったので
寝る時の癖とかを20人の人に聞いたことがあります。
(整体中に聞いたので決して変には思われてないはず(*_*;)

で、その20人の中に実際に股に手を挟む癖を持っていたのは
3人でした。

少ないのか?多いのか?

まぁ、僕が予想していたのは
「1人ぐらいだろうな」
と思っていたので多い方かなと思いました。

その人たちに共通するのは
理由は様々ですが
”何かしらの不安を持っている”
という共通点がありました。

なので不安を和らげる仕草なのでしょうね。

だから悪い事ではないです。

実は理にかなった癖でもある

この股に手を挟むことは不安を和らげる他にも
実は理にかなった癖なのかなと。

眠りと体温って凄く関係しているんですけど

活動的で眠くないとき ⇒ 体温高い

休止中で眠いとき ⇒ 体温低い

という感じになります。

だから「今から寝よー」って思ったら
体温を下げないと寝ることができないわけです。

イライラしたり、何か考え事をしてしまって
眠れないというのも脳が活発的になって
体温が上昇するので結果眠れないという状態に。

体温ってどうやって下げるの?

ということは寝るときは体温を下げないと
眠れず良質な睡眠がとれないってことですよ。

でも
「体温って自分で下げることできるの?」
こんな疑問が出てきます。

そもそも体の熱ってどこから放出されるもの
なんでしょう?

実は足先とか指先といった抹消の部分から
熱は放出されるのです。

赤ちゃんがいる家庭では分かるかと思いますが
眠いときに赤ちゃんの手って温かいでしょ。

あれは
指先から熱を放出して寝るための
準備をしているんですね。

だから寝るためには

足先や指先を温める

そこから熱が放出

体温が下がってくる

スムーズな入眠環境が作れる

寝る

このような順序で寝ると眠れないということは
少なくなるのではないでしょうか?

この順序を意図的につくるためには

股に手を挟んで寝ることは理にかなった癖だった

ということが言えます。

実は体の仕組みをうまく利用した
とってもいい癖だったってことです。

靴下を履いたら寝やすいというのも
こうゆう作用を上手く使ったからでしょう。

また、寝るシリーズでこれらの記事も
好評です(^^)

寝不足と頭痛の切れない関係性とは?

腕を組んで寝るのは体からのサインだった?!

手を上げて寝るのは究極の睡眠効果をもたらす

足を組んで寝てしまう隠れた理由

世の中ストレスが溜まることばかりなので
せめてスムーズに入眠して夢だけでも
良い思いをして朝を迎えましょう(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする