うつ病 症状になりやすい人はコレが解決してくれます

SNSフォローボタン

フォローする

うつ病は精神的なものですが、身体的にも影響を与えてしまう
症状です。

今はブラック企業が増えてきたことや、人間関係による歪みが
表面化しやすくなり、かなり増加傾向にあるようですね。

うつ病の特徴

うつ病は年々増加傾向にあり、2000年を過ぎるとその人数は
50万人以上になり、2008年には100万人を超えました。

特に30代から急激に上昇してきていて
それに共通しているのは職場が影響した「うつ」で
あること。

几帳面で、仕事熱心で、責任感がある。

このようないわゆる「完璧主義」な人は
うつ病になりやすいといわれています。

しかし最近多いうつ病になりやすい人の性格として
周囲への気遣いや、人の評価が気になる人
うつ病を患ってしまう傾向にあります。

このようなうつ病は20代から30代の若年層に多いようで
自分の意見や実際にやりたいことはあるものの
そういった主張は抑え込んでしまった結果
発症してしまうことが多い。

うつ病の経験

実際のところ自分の周りでもうつ病になったり
それに近い人がいます。

実際に発症してしまった人は超がつくほど真面目で
几帳面な人です。

彼は以前、ある部署の主任をしていて
何もかもを自分でやっていたようです。

しかし
仕事を周囲に頼まず頑張りすぎたこと、

人間関係の破たん、

この2つが重なってうつ病になってしまいました。

特に大変なのは本人だけではなく、その家族。

かなり精神的に持っていかれるので
しっかりしようと保ってもなかなか難しいようです。

こう話している自分も実はうつ病になりかけたことがあります。

自分の場合は真面目ではなく、周囲の反応を気にしてしまい
自己主張が出来なくなることによるもの。

とにかく人の目が怖くなって
人の目を気にしまくりながら生きている時代がありました。

うつ病にならない方法

うつ病にならないためには

几帳面で、仕事熱心で、責任感のある人の場合は
”人に頼る勇気”を持つこと。

僕の友達でうつ病を発症してしまった人は、会社を辞める結果に
なってしまいましたが、この人の場合は
”辞める勇気”を持ったことが良かったです。

実際にうつ病を患っても仕事を辞められない人が多く
ムリして今の環境で頑張る人が多いように感じます。

しかし勇気をもって
行動を変える、
環境を変える、

これらはうつ病症状への対処には欠かせないと思います。

また、自己主張ができなくてうつ病になった、
またはうつ病傾向にある人はコレがおすすめです。

自己主張が出来ない人は
精神的に弱いため何かに頼らないとうつ病に負けてしまいます。

そこで”音声”を聞くこと。

僕はこの方法で考え方を変えることができて
自己主張ができるようになり、うつ病から逃れることが
できました。

この音声は直接うつ病のこととは関係ありませんが
通勤中とか時間があるときに何回も聞いているうちに
精神的にも思考力も安定して自分を保てるようになりました。

自己主張できない自分をどうにかしようと
書店に行ってかなり本をむさぼったことがあります。

しかし本は自分に余裕がない時はダメですね。

いくら良い本を読んでも頭に入ってこなくて
マイナスな考えが止まらず制御できません。

しかし音声は違いました。

音声は耳からスーッと脳に情報が入ってくるので
余計なマイナス思考をすることなく今の自分に
大切なことを教えてくれるキッカケになりました。

その中でもコレはおすすめで
うつ病を逃れるきっかけになると思います。

でも真面目にちゃんと何回も聞いてくださいね。

じゃないとスーッと入ってくると言っても
意味ないので。

僕はコレ5000円で買ったんですが
今ならタダです(-_-)・・・

待っておけばよかった・・・(*_*;

でも体験したからあなたにお伝えできたわけなので
まぁ、いいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする