ダイエットの食事は食べたいものは食べるが常識?!その驚く非常識な理由

SNSフォローボタン

フォローする

ダイエットをするために一番に考えるのが
食事ではないでしょうか?

どのダイエットに関するブログを見ても

「炭水化物を制限して3週間で〇kg痩せる!」

「〇〇を食べるダイエット法」

など、食べ物に関するダイエット法は
色々ありますね。

ここで気になるのが

食べ物を制限してしまうということ。

これは意外にもリスクを伴ってしまうのだそう。

ここではリスクを伴わず
ダイエットを成功させるたもの方法を紹介します。

そもそもリバウンドしてしまうのはどうして?

芸能人で元子役でデビューした
斉藤こず恵さんという方がいます。

自分は千と千尋の神隠しに出てくる
ご両親が豚になってしまうことに
共感してしまったそうです(笑)

最高に太っていた時は
イヌに二度見されるほどだったそう。

そんな斉藤こず恵さんは、
さまざまなダイエット方法を実践されているベテランです(笑)

・納豆ダイエット  ・気功ダイエット

・豆乳ダイエット  ・乗馬ダイエット

・色別ダイエット  ・家事ダイエット

・玄米ダイエット  ・黒豆ダイエット

・水素ダイエット  ・ケーキダイエット

・呼吸法ダイエット ・アロマダイエット

・耳つぼダイエット ・トマトダイエット

・ゾーンダイエット ・柿の葉茶ダイエット

・出刃包丁ダイエット ・カクテルダイエット

・酵素風呂ダイエット ・飲む酵素ダイエット

・骨盤矯正ダイエット ・乾布摩擦ダイエット

・プロテインダイエット ・薬膳ダイエット

・絶叫マシンダイエット ・チアシードダイエット

・断食&浣腸ダイエット

・ヨーグルトダイエット

・炭水化物抜きダイエット

・アクアビクスダイエット

・ハーブティーダイエット

・パイナップルダイエット

・ポップコーンダイエット

などなど、ココに書いていないものも
まだまだあるようです。

凄すぎますね(;’∀’)

地球上にあるダイエット全部を網羅してそうな
感じでダイエットの種類をここまでされた人は
いないんじゃないでしょうか?

そんな斉藤こず恵さんがダイエットを
経験してきてリバウンドしやすい人は

「言い訳が多い」

のだそうです。

・働き出してから太った

・時間が不規則になったから太った

・食べることしか事しか楽しみがない

・子供を産んでから太った

・モデルがテレビで「特に何もしていない」って言ってた

このように言い訳している人は
太ったことを受け入れていない証拠で
自分にストレスを感じてしまっている。

↓↓

さらに太って「誰かのせい」「何かのせい」にして
太ったり、痩せたりを繰り返してしまう

↓↓

悪循環の繰り返し

になるようです。

これの解決策としては

「ダイエットに期間を設けてはいけない」

という聞いたことのない解決法。

この期間があるからリバウンドを繰り返すのだそう。

ダイエットの天敵!

確かに

・1週間で5kg

・3ヵ月で10kg

とか決めてしまうと、その期間でダイエットが
成功したとしてもそれ以降は意識が低くなってしまうのは
確かですね。

なので
本気でダイエットしたいのであれば
「ダイエット期間は死ぬまで!」
と考え方を変える必要があるのようです。

ダイエットの天敵は「期間」であり
期間を設けず続けること。

体重に捉われず、健康な体を意識することが
重要なのだそうです。

本当に食べたいものを食べること

食事するときにはあることを決めることが重要なようです。

それが

食べたいものを必ず食べる!

ダイエットの時は
・炭水化物だめ
・肉はダメ
・揚げ物はダメ
・お菓子だめ
と言われます。

それが結構、精神的に負担を与えてしまうので
ダメなようです。

チョコレートを食べたいときは
一口でも食べた方が良いとインストラクターにも
言われるそうです。

ケーキ食べたいなら我慢しなくて
一口食べてみる。

一口食べれば頭の中が満たされて
頭いっぱいになって消えていくとのこと。

成仏されるようです(笑)

我慢すればするほど、ちょいちょい食べて
しまう人が多いようですね。

「満足感を満たしてあげること」

これがダイエットには大事で
満足する食べ物を一口でも食べる!

食べないことにこだわるのではなく
食べたいものを少量、口にして満足感を得る!

これがダイエットの常識になるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする