病院の治療でよく行われる「あれ」

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちわ、masaruです。

病院に受診すると決まってオーダーが出る
「あれ」

あなたも、もしかしたら実際に
したことがあるかもしれませんね。

この「あれ」とは「牽引療法」のことです。

病院のリハビリ室ならどこにでも
ある機具ですが、これをする目的は
「腰椎という部分の骨と骨の間が狭くなっているから
引っ張って狭くなった所を広げよう」

ということです。

これを実際にされたことがある方はどうでしょうか?
変わりましたか?

「少しだけど軽くなった」
「痛みが緩和した」
こう仰るかたもいると思います。

でも
腰痛がある腰や背中の筋肉は
非常に緊張した状態なんです。

そのままの状態で牽引されてしまうと
筋肉に多大なストレスをかけていることになります。
無理やり伸びない筋肉を伸ばしているようなものです。

以前のブログで
「筋肉はある程度伸ばされると元に戻ろうとする力が働く」
ということを書きましたが
腰痛持ちの方の筋肉は日頃の経験から
背中や腰の筋肉が力を抜くのを怖く感じていて
「筋肉を緩めること」がなかなかできません。

ですから
「身体を緩めること」
これを私自身は大事だと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする