酵素の効果はダイエットを成功させるのに何よりも万能だった?!

SNSフォローボタン

フォローする

からだには

”酵素”

というものがあります。

そして酵素には2つ種類があって、

1.消化酵素

2.代謝酵素

この2つに分けられます。

今回は全体的に「酵素」についてお伝えしていきます。

体にとってはすごく必要なものなので、
絶対に知ってて損はないです。

ダイエットしている人にとってもかなり必見です!

酵素が減ると出てくるあらゆる不安要素

あなたは、このような状況に陥ったことはありませんか?

・胃もたれが続き、食欲がない

・肌がカサカサになって化粧が上手くいかない

・寝る時間をたっぷりとっても眠い

また、ダイエットを実践している人では

・太るスピードの方が早すぎてダイエットが追い付かない

・加齢になるにつれ太ってくる

・食べる量を減らしても全然痩せない

・少し食べただけでも太ってしまう

このように体の中の酵素が減ってくると
肌や内臓、全体的な体調面に悪い変化が
出てきます。

それだけではなく、ダイエットをしよう、
または現在、実践している途中という人も
効果が出ないという悪循環に陥ってしまいます。

酵素が減る=体調がおかしくなる

酵素が減る=ダイエットしても効果が出ない身体になる

ということになってしまいます。

ダイエットを実践している人にとっては
頑張っても効果が出ないので、挫折してしまう
結果になります。

酵素って何ですか?

酵素はテレビや雑誌で取り上げられて結構長いですね。

それだけ酵素は体やダイエットをするうえで大事だということで、
僕のような医療従事者でも酵素は患者さんの体調管理にも
大切なものです。

食べ物を消化したり、

心臓を動かしたり、ケガを再生して体を保ったり、

できるのは酵素があるから出来るわけで
逆にないと体を保つことはできません。

酵素は体の中を点検してくれる作業員だと思ってください。

酵素の重大な役目

酵素は先ほどもお伝えしたように
1.消化酵素
2.代謝酵素
この2つに分けられます。

そしてこの2つをまとめて

潜在酵素

と言われています。

1の消化酵素食べ物を消化するときに
使用されます。

2の代謝酵素ケガや体の悪いところを治したり
するときに使われます。

たとえば、熱が出たとき、熱を下げて体を
回復させるために使われる酵素はどちらでしょうか?

そう。

代謝酵素ですね。

消化酵素の役割は、ほぼ消化活動に使われます。

一方、代謝酵素は主に寝ている間に使われていて、
体のメンテナンスをすることに使われます。

酵素が減ってしまうと、寝ている時間に
メンテナンスが上手く行われずに、

・便秘になる

・老廃物が溜める

・疲れが取れない

などの症状が出てくるようになり、
太りやすい身体になってしまいます。

体の中の酵素が減ると良いことはなく、
常に酵素が不足しないように絶対に保つことが
必要になってきます。

ここで気になるのが、こんなに体にとって必要な
酵素なのになぜ、不足してしまうのかということ。

これはまた今度、お伝えしていこうと思います。

ここまで酵素についてお伝えしてきましたが
かなり体にとって必須のものだということは
伝えられたかなと思います。

生きてく上で消化は必要だし

メンテナンスは健康を維持していくために。

また、ダイエットにとっても欠かせない
ものであることが分かりましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする