貧血の原因を種類別に分かりやすく隠れたサインを暴露

SNSフォローボタン

フォローする

貧血はとくに女性に多く、女性の6割は
貧血持ちだといわれています。

では貧血の原因は一体何が関係して
起きてしまうのでしょうか?

貧血の種類によって原因を分かりやすく
まとめてみました。

貧血のそれぞれの原因

貧血には主に4つ種類があります。

・再生不良性貧血

・鉄欠乏性貧血

・溶血性貧血

・希釈性貧血

それぞれの原因や症状を見ていきましょう。

再生不良性貧血

血液を造る細胞(骨髄)が障害されて、その細胞の働きが
減弱した状態。

先天性、後天性、特殊型の3種類があって
後天性の再生不良性貧血は様々な先天奇形の
合併症、遺伝子異常が証明されています。

血液の成分である
「赤血球」「白血球」「血小板」等の様々な成分が
不足してしまっています。

後天性再生不良貧血の原因

・原因不明

・薬物(抗生物質、鎮痛薬、抗炎症薬)

・放射線照射

・ウイルス感染

などがあります。

再生不良貧血の症状

貧血の一般的な症状に加えて
血小板が減少して、出血しやすい傾向にあります。

貧血の一般症状はこちらにまとめています。

貧血の症状で代表的なのは、立った時にクラッと してしまう”立ちくらみ”が一番思い浮かぶかもしれませんね。 これは女性であれば...

血小板の役割は、傷口をふさいで止血することです。

また、感染症のため発熱をみることも多いです。

特殊型は稀な疾患です。

厚生労働省より難病指定になっています。

鉄欠乏性貧血

貧血で最も多いのはこの鉄欠乏性貧血で、
貧血の6~7割を占めています。

赤血球の材料である鉄が体内で不足することで
骨髄で造られる血が減少した状態を鉄欠乏性貧血と
呼ばれています。

鉄欠乏性貧血は以下のような鉄の供給量と
需要(喪失量)とのバランスがとれていません。

簡単に言うと、
「体内に必要な鉄分量が取り込めていない」
ということですね。

鉄欠乏性貧血の原因

・鉄供給量の不足
食事中の鉄分の含有量が少ないか
消化管の異常によって鉄分が吸収されない。

・鉄分の必要量が増える
思春期における急激な成長、妊娠による
胎児への鉄補充量の高まりなどによって
鉄分の必要量が増えた。

・鉄の喪失
出血が慢性的に持続する場合による
鉄分の喪失。

出血量1mlにつき0.5mgの鉄が喪失されるので
大量出血ばかりでなく、長期間にわたる
少量出血が持続しても体内の鉄分の喪失が
おこる。

鉄欠乏性貧血の症状

・低酸素による症状
顔面蒼白、易疲労性、動機、息切れ、頭痛、
食欲不振などであり、これらの症状はすべての
種類の貧血に共通する症状。

・鉄分が喪失することで起こる症状
1.爪の症状
爪に凸凹が出現したり、縦じわの強調・脆弱、
平坦が見られ、典型例ではさじ状爪が見られます。

2.舌、口の奥、食道、胃
舌では軽い自発痛、食べ物がしみる、
舌の前1/3が委縮して赤みが増したりする。

これらの変化が口の奥に及ぶと、嚥下障害が
出現し、さらに胃に及ぶと萎縮性胃炎を起こします。

3.異食症
生米や壁土、紙などをかじったり、異常な
食行動を起こすこともあります。

4.婦人科的症状
月経不順、典型例では無月経がみられます。

溶血性貧血

溶血性貧血は赤血球の寿命が短縮してしまうことで
発生する貧血です。

大きく分けて
・赤血球自体に異常があるもの

・赤血球意外に異常があるもの

に分けられて、
前者の大部分は先天性で
後者はすべて後天性によるもの。

溶血性貧血の後天的な原因

・自己免疫性溶性貧血

・血液型不適合

・不適合輸血

・化学的・物理的障害、感染症

に分けられます。

希釈性貧血

鉄分の不足がないのにもかかわらず
ヘモグロビン値が低い場合をさします。

これは、血液中の水分量が増えた結果、
ヘモグロビン濃度が低下した状態です。

これは偽の貧血で、本当の貧血ではありません。

血液中の水分量が増えることにより血液が薄まって、
筋肉の末梢まで循環をよくし、効率よく筋肉を動かすための
生理的な変化なのです。

したがって治療をする必要はありません。

女性に大切な「鉄」

鉄の体内での主要な役割は、
酸素を赤血球内のヘモグロビンに結び付けて
全身に行き渡らせることです。

また全身の細胞に行き渡ってエネルギーの産生や、
脳においては記憶や認知などの機能にも
必須なミネラルとして働いています。

鉄欠乏状態になると、

持久力の低下、
記憶・認知の低下、
動機息切れ、
易疲労、
頭痛、
めまい、
筋肉痛

などの症状が現れます。

治療・予防としては、
鉄を補給することが重要になります。

また、強い赤血球の膜を作り
溶血を防ぐためにタンパク質を、
さらに鉄の吸収を高めるビタミンCをあわせて摂取すると、より効果的ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする