脇汗を止める対策はコレを習慣化すれば効果抜群

SNSフォローボタン

フォローする

脇汗が止まらなくてアセる(;’∀’)

脇汗をすぐかいてシャツに染みる(-_-;)

こんな経験があったりはしないでしょうか?

実は、脇汗をかきやすい人は
意外にも血行不良が関係しています。

そこで、今回は手軽に実施できる
脇汗を止めるための方法をこちらで
紹介していきます。

脇汗を止める対策法

脇汗が血行不良と関係があるというのは
意外なのではないでしょうか?

中には代謝が良すぎて脇汗をかきやすいと
思っている人も少なからずいるでしょう。

しかしながらそうではないのです。

むしろその逆!

ということで、
ここからは、1人暮らしでも行える

脇汗を抑える入浴法について

お話ししていきます。

この記事を読んでいるあなた!

お風呂ってシャワー派ですか?じっくり入浴派ですか?

一人暮らしの方はシャワー派が多いのではないでしょうか?

ただし、シャワー派では体の外側は温かくなりますが、
体の中は冷えたままです。

体内まで温めるにはかなり時間がかかります。

じゃあ、ゆっくりつかればいいんだね(^o^)

と、お思いのあなたは要注意ですよ。

実はお湯の温度が、40℃を越してしまうと、
体は熱いと感じてしまいます(>_<)

お湯の温度は37~38℃くらいの温度(ぬるめ)がいいと言われています。

そして、お湯の量はお臍の下くらいまでして
じっくり体が汗ばむくらいつかるのがいいと言われています。

それは、体は外から熱いと感じると冷やそうとしてしまうからです((+_+))

体を中から温めるのって難しいですよね???

しかも一人暮らしだったらシャワーが多いと思います。

体の中から温めて脇汗を防ぐ

今回、僕がやっていたシャワーでも
中から温まる方法についてあなたにお伝えします。

方法を二段階に分けてお伝えしますね。

まず、洗面器(もしくは、自分の両足が入るくらいの桶)に37~38℃のお湯を入れます。

そこに、自分の両足を10分入れる。
(時間がある場合、20分でも構いません)

そして、いつも通りシャワーを浴びる。

それだけです。

足の血行が良くなるため、
普段より体が中から温まるのが分かります。

あなたも是非やってみて下さい。

意外な副作用

足湯みたいなものですが、かなり効果があります。

これをやりだして、脇汗が結構抑えられました。

しかも痩せることもできました(^^)

足湯って良いですね!

◇◇◇ まとめ ◇◇◇
①    自分の両足が入る洗面器(桶)を用意する。(自宅にない人は100均にあります)
②    そこに37~38℃のお湯を入れて10分程度足浴する
③    その後は、普通にシャワー。

自分の体調を取り戻すために、1日10分で生活に取り入れてみて下さい。

簡単に実施できるでしょ。

やろうと思ったその日からあなたは健康な身体に向かっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする