腰痛がある人の身体の特徴

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちわ、masaruです。

腰痛がある方の身体の特徴に
「手足が冷えている」
人が多い印象があります。

これは言い換えると
”血流が悪い”ということになります。

血流が悪いと筋肉の柔軟性は
失われ、やがて萎縮していきます。

こうなるとその筋肉は
「伸ばしても痛い」
「押されても痛い」
「揉まれても痛い」
というような感じになってしまいます。

・冷たいものを良く飲む
・お酒をよく飲む

このような方は身体が冷えやすく
筋肉が硬くなりやすいので気を付けてください。

よく腰を温めることは
されていますが、実は
お腹の部分に大きな血液を
送る動脈があるので
お腹を温めると全身に回る
血液が温めりやすくなります。

痛い部分を温めるだけでなく
循環が悪くても痛みが出てしまうので
血液を温めることも大事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする