口臭の原因を予防するには?この2つを知ればガラリと変わる

SNSフォローボタン

フォローする

人と話すとき、一番気になるのは

口臭

ですよね。

口臭がきついと、かなり不快な気持ちに
相手をさせてしまいます。

口臭って歯を磨いても
残る人は残ってしまうし
口の中だけが原因ではないようです。

今回は、その1つ胃腸の不調(特にストレス)と
口臭の関係についてお伝えしていきます。

自分を振り返ってみよう

あなたや、あなたの周りにこういう人はいませんか?

・歯を磨いたけど、何となく口が臭う

・話している時に相手が顔を背ける

・胃腸が弱くなったことがある

・ストレスを感じやすい

・夜眠れない(不眠)

・夜型人間だ

・常備薬を飲んでいる

・冷たいもの(飲み物,食べ物)が好きだ

・ストレスが胃にくるタイプだ

あなたは上の項目にいくつ当てはまりましたか?

3つ以上当てはまる人はキケンです

心を許せる方に自分の口臭について聞いてみて下さい。。。

胃腸と口臭の関係

それでは、なぜ胃が悪くなると口臭が出るか
その原因を2つお伝えしたいと思います。

一つ目の理由は、

胃が悪く消化不良を起こすと腐敗臭が出ます。

もちろんこれが直接口から出ることはありませんが、
粘膜を通して腐敗物質が血中に取り込まれ、
肺を経由して呼気に入り、口臭となる場合があります。

二つ目の理由は、

胃が悪いと唾液分泌が少なくなることが関係しています。

唾液が少ないと口腔内の雑菌が
洗い流しきれないので、
菌が繁殖しやすくなって臭いが発生してしまいます。

また、それが積み重なると舌苔(舌の汚れ)が形成され、
更に臭いがきつくなる場合もありますね。

胃が悪い人の口臭は僕の経験上

「腐った魚のニオイ」のような感じです。
(あくまで参考です)

もしあなたが、

・胃がおかしい

・口臭がする

・舌苔が増えた

といった症状が出た場合は、一度病院受診をお勧めします。

今回のまとめ

では簡単に振り返りますね。

・口臭と胃は関係がある

・口の臭いは食べたものの腐敗したものである(ちゃんと消化できていない)

・胃がおかしい、口臭がする、舌苔が増えた 最近こんな症状がある人は病院を受診する

口臭が気になる人は何らかが関係しています。

特に消化できていないというのは
冷たいものを食べやすい夏場には
起こりやすくなるもの。

そのような時の対策方法はこちら
見てみてください。

この方法はオールシーズン口臭の予防や対策に
役立つ方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする