脇汗が臭い男性と女性で異なる本当の原因って?

SNSフォローボタン

フォローする

汗をかくのはいいことだから
運動して汗をかくことを心がけたいもの。

しかし、仕事中やプレゼンなんかで緊張して脇汗をかいて
しまうことがあります。

こんな時、不安なのが

・汗が臭い

・もしかしたら汗が臭いんじゃないか?

など「クサい」ことで周りに不快感を
与えていないかということですね。

でも汗をかいても「臭わない」という人もいます。

今回は

汗が臭う人と、臭わない人の違い

についてお伝えしていこうと思います。

脇汗が臭い原因

本来、体内から出たばかりの汗は
無臭であると言われていますが、
成分にも違いがあって、
その違いによって臭いを発するようになるようです。

中でも脇汗が心配になるのは、

脇の下に大量にあるアポクリン腺

という汗腺から発生する汗に含まれる成分と関連があります。

身体全体にあるエクリン腺という汗腺から
出された汗の成分は、

水分と塩分で構成されているので
臭いを出すことはありません。

しかし
アポクリン腺から出た汗の成分は違います。

アポクリン腺から出た汗には、

脂分や糖、タンパク質などの体内の老廃物

が混入しているので、
細菌により分解されると不快な臭いを出すのです。

ということは、脂肪や糖,タンパク質など
多くを摂取している人や、食べたものを
しっかり消化していない人(便秘)は
不快な臭いを出してしまう危険性がありますね((+_+))

汗が臭くならないために

汗が臭くないようにするための対応としては、

・脂分をたくさん含む食品を極力食べないようにしたり、

・チーズなどの乳製品・肉等を少なくすること

などが効果が高いと言われています。

最初は、体内に溜まっている老廃物を
排出してしまう対策からしてみましょう。

臭いがあると言われる人は老廃物を摂取しているか、
体調が悪く消化できていない人に多いですよ。

そんな時は、胃と胆嚢の調整が有効的!

ちなみに、

男性では転職や昇級後・失恋,

女性は妊娠した時や更年期

に臭いを発することが多いですね。

食生活の改善とともに、以前に書いた汗を抑える入浴法(足湯)を
行って変な汗でなく、健康的な汗をかきましょう。

最近、ちょっと臭いがする汗をかいているなぁって思ったら、
少しリラックスする時間を取ってみるもの得策ですよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする