白湯ダイエットの簡単でリスクなく痩せれるコツ

SNSフォローボタン

フォローする

白湯ダイエットはダイエットの中でもお手軽にできる
方法の1つです。

嬉しいのはリスクがないこと。

たとえば白米から玄米にすると
ダイエット効果がありますが
排出が強烈に起こります。

もちろん個人差はあり、その他の症状もでる
可能性があります。

しかし、白湯でダイエットすれば
管理しやすく、手軽にできるので
継続しやすいですね。

なぜ、白湯でダイエットが可能か?

ダイエットの天敵とは?

ダイエットにとって天敵と言えるものが
あるのを知っているでしょうか?

それは

”冷え”です。

体が冷えていると、脂肪が燃焼しにくい
状態になってしまい、ダイエットしても
効率が悪いダイエットになってしまいます。

特に「内蔵型の冷え」というのがあるのですが、
これがあると、

・お腹周りの脂肪

・二の腕

・太もも

などの部分のダイエットをしたいと思っても
なかなか脂肪が減りません。

じゃあ、自分自身が冷えの体質なのか
どうやって知るのかというと、

体温計を脇にはさんで10分間計ると
体の芯(内蔵)の温度がわかります。

そして、36.3℃以下の場合
内蔵型の冷え予備軍の可能性があります。

白湯ダイエットの効力

内蔵型の冷えは、よく言われる手足が冷えると
いったこととはちょっと違います。

手足ではなく、体の中心や中が冷えているということ。

体の中心が冷えてしまっては
ダイエットに必要な基礎代謝が大幅に
低下してしまいます。

関連記事:ダイエットを成功させる方法はシンプル?5kg痩せる秘密の実践法

上記でお伝えしたように
まずは「冷やさないこと」が大事で
ただそれだけでダイエットになります。

そこで、

白湯ダイエットです。

内臓の部分には大きな動脈があって
冷えてしまうと、そこから流れる血液が
体に循環して、冷え性になってしまいます。

しかし内臓があったまることで、
そこから循環する血液も温まり、
消化力も高まり、副交感神経も高まりやすくなります!

そうすると、便通も良くなってきます!!

関連記事:白湯の作り方や効果的な飲み方

ダイエット以外の影響

ちなみに、内臓の冷えがあると、
どういう症状がでるのかというと、

・脳の機能が全般的に落ちる、

・体がだるい

・思考がまとまらない

というような症状がでてきます。

脳の病気かと思う方も多いですね。

職場で最近ミスが多い、
身体がだるい

このような状態の人は、
もしかしたら冷えの影響かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする