白湯の効果は体の不調を整える奇跡の万能薬

SNSフォローボタン

フォローする

白湯は人体にとって、あらゆる効果を
発揮してくれるので、なくてはならないものである。

僕も飲んでますし、
不調を訴える患者さんにも
白湯を飲むようオススメしています。

白湯を飲むようになった人は

・肩こりが治った
・体調が良くなった
・むくみが改善した

など様々な効果を得られています。

白湯を取り入れている生活と、
取り入れていない生活では絶対に雲泥の差が出ます。

白湯とは?

白湯(さゆ)は、飲むことを目的として、
湯をぬるく冷ました物です。

湯冷まし(ゆざまし)とも呼ばれます。
いったん沸騰させた湯をぬるく冷ましたもの。

沸騰させることによりカルキ などの不純物がとび、口当たりも柔らかくなります。

ここで出てきた口当たりですが
ポットで沸かすよりも、
やかんで沸かした方が、
口当たりがまろやかで、柔らかい白湯が作れます。

必ずやかんで白湯は作るようにしてくださいね。

白湯の効果

白湯の代表的な効果は、

・代謝向上

・老廃物排出

・便秘,むくみ改善

この3つがあげられます。

内臓があったまることで、
・消化力も高まり、
・基礎代謝もあがり、
・副交感神経も高まり、
・血流も良くなります!

もう少し詳しくお伝えしますね。

①血液の循環がアップし、脂肪が燃焼されやすくなる

胃腸などの内臓機能を温めることができるので、
飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります。

内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がるので、
脂肪燃焼効率がよい=痩せやすい体になるわけです。

②内臓機能が活発になり、老廃物を排出

内臓機能が温められることで内臓が活発に働くようになり、
消化作用を促進。

結果、体内の老廃物を体の外に押し流す力がパワーアップ。

老廃物が一掃されれば、肝臓や腎臓などの
機能がさらに活発になるので、体内の浄化にも役立ちます。

③尿量がアップし、余分な水分を排出

白湯を飲むと、血液やリンパの流れがよくなり、
体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。

結果、尿量の増加とともに体重も減少して
便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。

白湯の作り方

(1) やかんにキレイな水を入れ、強火にかけます。

(2) 沸騰したら、やかんのふたを取って湯気が上がるようにします。大きな泡がブクブク立っているくらいの火加減にしましょう。

(3) 2の状態から火を弱め、10~15分間沸かし続けます。
(沸騰したお湯を落ち着かせるため)

(4) 飲める温度に冷まして、すするようにして時間をかけて飲みましょう。
※残りは保温ポットに入れておくのがおすすめ

白湯は熱すぎると体に負担を与えてしまうので
白湯の温度は40~50℃が理想です。

白湯の効果的な飲み方

飲むタイミング

最初に飲むのは

朝起きて一番です。

寝ているときに人間は多くの水分を失っていますので、
起きぬけの白湯は体に浸透しやすく、
内臓機能をより活発にしてくれます。

朝食は、白湯を飲んでから30分くらいしてからにすると、消化にとてもいいです。

朝起きた時、食事の前、寝る前に、
5~10分時間をかけて取るといいんです。

1日3回ほどに分けてゆっくりと飲みましょう

1日の量

700~800ml(コップ5~6杯程度)です。

なぜかというと、飲み過ぎればむくみやすくなりますし、
浄化作用があるので、(飲みすぎると)
体内にある栄養素まで流してしまう恐れがあります。

いい物も摂り過ぎればいい物でなくなることがあります。

飲み方

すするようにして飲みましょう。

一度に大量の水分を取ると、
体に負担をかけるので少しずつすするように飲みます。

ちなみに食前・食後に白湯を
ガブガブ飲むのは避けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする