鼻うがいがある生活と無い生活の異次元の差

SNSフォローボタン

フォローする

鼻うがいを知っているでしょうか?

鼻うがいは徐々に広まってきていて
これを習慣化できると人生が変わるんじゃないか
くらいに思えます(大袈裟ですね(^_^;))

でも、これを読むと鼻うがいが
あるのと、ないのとでは効果の差が大きく、
なぜ、人生に大きな影響を与えるのかが
分かるかもしれません。

ハッキリ言って

鼻うがいがある人生と、無い人生は異次元の差です。

鼻うがいで得られる一般的効果とは?

鼻うがいで得られる効果は

1.花粉症の対策

2.鼻づまりの解消

3.鼻の中のウイルス撃退

4.風邪予防

口のうがいだけでは補えない部分も
鼻うがいを行う事で口うがいの効果を
高めてくれる働きがあります。

なので、口と鼻の両方のうがいを行うと
風邪や花粉などの季節に関係した症状は
予防、改善ができるでしょう。

鼻うがいの方法や注意点

1.鼻うがいの方法

生理食塩水を作ります。
1リットルのぬるま湯では9グラムの食塩、
2リットルのぬるま湯には18グラムの食塩を混ぜます

※ちなみに18グラムは大さじ1杯程度です。
※ぬるま湯の温度は27度前後が良いです。

↓↓

片鼻を手で押さえ、頭を下げて(前傾姿勢)、
もう片鼻で吸って、口から吐き出します。

↓↓
これを両方の鼻で行います
2リットルの場合、片鼻1リットルずつ、
慣れないうちは少量でOK

2.注意点として

<< 水道水でやらない事 >>
浄水器を通した水か、
もし無かったらミネラルウォーターを使うことが理想です。

<< 真水を使わない事 >>
真水でやると、浸透圧の差の関係で、
プールで鼻に水が入ったような「ツーン」とした感じになります。
体液と同じ濃度0.9%の生理食塩水にして下さい。

鼻うがい専用の洗浄剤を使うのも1つの手ですね。

また、冷たい水ではなく、ぬるま湯を使います。
熱くし過ぎないように注意して下さい。

<< 塩は精製塩を使わない事 >>
こちらのような天然塩を使って下さい。

<< 鼻から鼻ではなく、鼻から口へ流すこと >>
鼻うがいで重要なのは、
鼻孔の奥にあるBスポットという部分を洗浄する事です。

鼻から鼻に通してもBスポットには届かないので、
必ず片方の鼻を閉じて行って下さい。
そして口から出します。

また、必ず鼻で吸うようにしましょう。

もし、鼻が詰まっていて吸い込みにくい場合は、
片鼻だけで大丈夫です。

<< 必ず頭を下げて(下を向いて)行う事 >>
頭を上げて行うと、耳が痛くなったりしてしまいます。
前傾姿勢で行うようにしましょう。

<< 終わった後は、よく鼻をかむ事 >>
鼻うがいが終わった後も、鼻の奥に塩水が残っているので、
前傾姿勢で頭を左右に振りながら、片鼻ずつよくかむようにしましょう。

よくかむと言いましたが、
強くかみすぎないように注意してください。
毎晩やるとかなりスッキリしますよ。

鼻うがいで得られる衝撃的効果とは?

鼻うがいをするとかなり頭がクリアになって
目覚めが良くなります。

ぞして
日々のちょっとした違和感などが気になるようになります。

たとえば、あなたの部屋が散らかっていたとします。

普段は気にもとめないはずなのに
鼻うがいをするようになると妙に
違和感を感じます。

これは、普段のあなたの体や精神状態が
整っていないから散らかっていても
気にならないのです。

しかし鼻うがいをすることで
自分の体や精神状態が整うために
この散らかった状況(整っていない状態)に
違和感を感じるようになります。

鼻うがいが慣れない人は
最初は色んな問題があるかもしれません。

体がきつくなったり
体調が悪くなったり
寝つきが悪くなったり

あるかもしれませんが、これは
体の状態が少しずつ良い方向へ変わってきている証拠です。

鼻うがいをすることで
今まで表面化しなかった悪い部分が現れてきている
ということなのです。

なので、違和感があっても1週間は続けてみることが
大事になります。

続けてみると体調が良くなってきて鼻うがいに
希望が持てます。

とにかく鼻うがいが習慣化して慣れてくると
すごくスッキリします。

ぜひ、試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする