腰痛の原因に関係している部分

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちわ、masaruです。

前回、肋骨の動きが硬ければ
腰痛の原因にもなりうるということを
書きました。
前の記事はこちら

今回は、前回の記事にプラスするような
記事になります。

肩甲骨は肋骨に沿うようについています。
そして後ろから見て肩甲骨は
左右に動く特徴があります。

図23

この左右への動きが硬いと
実は肋骨の動きにも影響を
与えてしまうんです。

肩甲骨って腕を動かす時に
連動して動くのですが
これが年齢と共に柔軟性が
無くなったり、もともと
若くても滑らかに動かなかったり
する人がいます。

そうゆう方は間違いなく
肋骨の動きも硬いです。

そもそも肩甲骨は何の影響を受けて
動きが悪くなるかと言うと
背中や肩の筋肉の柔軟性が無くなって
動きが悪くなります。

その背中や肩の筋肉の柔軟性が無くなると
まるで肩甲骨が肋骨を押しつぶすような
イメージになります。

押しつぶされることにより
肋骨は円滑に開いたり、
閉じたりする運動が行い辛く
なるわけですね。

図22

肩甲骨、肋骨が腰痛に
関係することもあるので
柔軟性は大事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする