仕事行きたくないと思ったら最初にしないと後悔すること

SNSフォローボタン

フォローする

仕事が本当に嫌で嫌で嫌で・・・たまらない。

このような思いがある人は
朝起きて準備をする最中に腹痛や吐き気などの
症状にかなり苦しめられる。

今は仕事を辞めたい新卒もかなり多い。

僕の場合は、人間関係や上司の仕事の丸投げなどで
ストレス性過敏腸症候群の診断名もつけられたことが
あります。

薬も飲んで、養命酒も飲んで(笑)

でも、結局のところストレスが軽くならないと
薬を飲んでも養命酒を飲んでもどうにも
なりませんでした。

仕事に行きたくないと思ったら

本気で仕事に行きたくないというときは
思い切って休んでみることです。

休んでまず仕事のことを忘れて自分がちょっと
リラックスできることを午前中にしてみましょう。

僕がオススメしたいのは運転が苦でなければ
自然が豊富な場所にいく事です。

山でも海でも川でもあなたが癒される場所ですね。

パワースポットに行ってパワーを貰ったり
疲れを癒してもらうと言われているが、
今までブームになったことにより逆に
今のパワースポットは悪いエネルギーが溜まっている
ような気がしてなりません。

それよりも自然があって、あなたが落ち着く場所にいく事が
一番いいのかなと思います。

自分のパワースポット

といったところでしょうか。

それも晴れの日が一番いいでしょう。

雨の日は精神的にもマイナスになりやすいですし
曇りの日もマイナスになりやすい傾向があります。

晴れの場合は僕の体感だと精神的に与える影響は
倍以上違います。

山では風と一体になってエネルギーを
貰っているイメージ、

川だと水に足を付けて、足からエネルギーを
貰っているイメージです。

思考力が高まり、精神的にプラス思考になり
行動も今の自分に必要なことをするようになります。

その状態で午後からは何で仕事に行きたくないのかを
考えてみることです。

普段は人間関係で仕事に行くのが嫌だと
思っていてもリラックスした後にじっくり
考えてみると違った答えに辿り着いたりします。

リラックスした環境とゆっくりした時間をとることで
自分を見つめなおすキッカケだと思ってください。

間違っても朝からずっと家にいることはしないでください。

真面目なあなたはきっと休んでしまったことに
気持ちが苛(さいな)まれてしまうでしょう。

それではせっかく休んだ意味がなく、負のスパイラルに
落ちていくだけなので。

休んだことを「悪いこと」と思わない事

仕事を休むことは悪いことと思い、体がきつくても
精神的に無理だと思っていても体にムチ打って
仕事に行く人が多いですよね。

たぶんこれを読まれているあなたもそうでしょう。

休んでしまうことで周りに迷惑をかけてしまう、

休んでしまう事で仕事が回らなくなる、

休むということを上司に言いづらい・・・

様々あると思いますが、逆にこんな目先のことばかりに
捉われていると、どこかで絶対取り返しのつかないことに
なってしまいます。

今のあなたの現状を作っているのは

選択の結果

です。

「仕事に行きたくない」

と思うようになったのは、あなたがこれまでに
色々な選択をしてきた結果として思うように
なってしまったんですね。

つまりは
選択してきたことが間違っていたということ。

ですから「会社に行きたくない」と思うのであれば

今は優先順位が仕事が1番ではなく、
自分がとってきた
選択肢の見直しが必要だということ

修正する時間です。

そのために
リラックスした環境とゆっくりした時間をとることで
自分を見つめなおす時間が1日必要なんです。

あなたが悪いんじゃない

もう一度伝えたいのは、あなたが悪いのではなく

選択した結果が悪かった

ということです。

結果なんてやってみないと分からないもの。

最初から分かっていたら苦労なんてしません。

もし、仕事に行きたくない理由が人間関係であったなら
転職してみて他の会社なら上手くいくのかを
選択肢として考えてみることです。

それで、
上手くいけばその選択肢は合っていたということだし、
何社か転職してみて、それでもダメだったら
ただ人間関係が必要な会社は合わないという
結果が出ます。

そういう場合は人間関係が必要ではない
仕事をすることが合っているということになります。

選択肢の結果としてとらえれば
それを修正することに時間や考えや
行動力を使えば解決していきます。

会社に行きたくなことばかりに時間を奪われると
その解決しない無限ループにはまり込んでしまいます。

山、川、海のどれかに行く

↓↓

そこに吹く風や、流れる水が
辛い事を拭い去ってくれるイメージ

↓↓

リラックスした環境とゆっくりした時間をとる

↓↓

もう一度、何に一番悩んでいるのかを
考え直す

↓↓

選択肢の結果の修正

ぜひ、時間をちゃんととって
実行してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする