ウエストを細くするためのダイエットより効果絶大な方法

SNSフォローボタン

フォローする

ウエストを細くするためにはダイエットを
すれば自然とウエストが細くなると
勘違いしている人が多いです。

ですがそれではウエストを細くする
根本的な解決からは遠くなっている
印象を受けます。

ウエストを細くするための効率いい方法って
本当にダイエットなんでしょうか?

ダイエットするとウエストが細くなる?

ウエストを細くするために様々な方法がありますが
僕がお伝えするのはウエストを細くするための
基礎(土台)だと思ってください。

この基礎を理解したうえで
他の実践法を合わせればきっと
ウエストは効率的に細くすることが
可能です。

ウエストを細くするためにダイエットを頑張る人を
結構な割合で見かけます。

たしかに女性は男性と違って
皮下脂肪が付きやすく目立ちやすいので
ココに脂肪がついている人は
ダイエットしなきゃと思うのでしょう。

しかしながら脂肪って

姿勢によって溜まりやすくなる

ということが言えます。

どうゆうことかというと

代謝が良い人はほとんどの人が
姿勢がいいのですが、

逆に代謝が悪い人はほとんどの人が
姿勢が悪いのです。

猫背とか腰が丸まった姿勢の状態では、
脂肪や皮膚がウエスト周りにたまります。

ココに根本的な解決法があるのですが
ウエストを細くするためにはそこを
伸ばせばいいのではないでしょうか?

ウエストを細くするためには

「伸ばす」とは姿勢を伸ばし、代謝を良くして
ウエスト周りにたまった脂肪や皮膚を伸ばし、
ウエストを細くするための姿勢を作ることです。

意識して作るのではなく、勝手にウエストを細く
するための基礎姿勢が整うというのが大事です。

では少しやってみましょう。

1.胸に右手を、みぞおちに左手をあてます。

2.鼻から息を吸います。胸も目いっぱい膨らませましょう。

3.息を吐きだし、お腹がへこんでいくのを認識しましょう。

4.1~3を1セットで2、3回ゆっくりと繰り返します。

得られる効果

さきほどの内容を実践してみてどうでしょうか?

胸が自然と広がり、姿勢もよくなって
目線が遠くまで見れるようになったのではないでしょうか?

呼吸法を使って代謝をあげるための基礎姿勢を
作ったことになります。

この基礎となる姿勢を身につけて
他のウエストを細くする方法を
かけ合わせることで効果は高まります。

たとえば
短距離走であなたが走るとなった時に
いきなり走りますか?

違いますよね。

まずは足を動かしやすくしないと
短距離走で速く走れないですよね。

足を動かしやすくするために準備運動をすると
しない時と比べて速く走ることができて
いいタイムが出るでしょう。

それと一緒でウエストを細くしたいのであれば
まずは

ウエストを細くするための姿勢を作ること

これが準備運動になります。

ちゃんとその準備を整えた後が
しっかりウエストを細くできる環境が整い
しっかりした効果が出やすいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする