腰痛への筋トレにピッタリ!手軽で即効性の高い裏ワザ

SNSフォローボタン

フォローする

腰痛がもうすでに出てしまっているタイミングで
どうすればいいのかと悩む人は結構多いです。

なので今回は

腰痛に効く筋トレの方法

これをお伝えしていこうと思います。

できれば予防するのが一番なのですが
できる範囲で行ってみて下さい。

そうすることで
あなたの腰痛はこれから酷くなることは
少なくなると思います。

腰痛持ちに適したスクワット

腰痛が出るという事は骨盤の歪みだったり
腰の筋肉への負担が大きかったりして
出てしまいます。

あと、日常の生活で足にかかる負担の
バランスが偏っていたりするとその影響が
腰にまで波及して腰痛を引き起こすことが
あります。

そこでオススメなのが

ブルガリアンスクワット

です。

腰痛持ちはこのスクワットが一番効果が得られます。

特徴は片足でやることで、もう片足は台や椅子に乗せて
行います。

初めてやる人は低い台や椅子を使って行う方が
安全に実践できます。

1.片方の足を台または椅子につま先か足の甲をのせる

2.もう片方の足を前方におく

3.前方の足の膝を可能な範囲でいいので曲げながら腰を落としていく

4.曲げた膝を伸ばして元の姿勢へ

この流れで順番通りに行っていきます。

このブルガリアンスクワットでは
・太ももの前面

・太ももの後面

・お尻

これらの筋肉を使い、
そして一番使ってほしい

・内もも

ここの筋肉を使うため
日ごろあまり使われない内ももの
筋肉を促進できます。

このブルガリアンスクワットは
普通のスクワットよりはバランスを
使う運動方法です。

なので、
前方に出した足にどれだけバランスよく筋肉を使って
支えることができるかを確認しながらやってほしいので
筋トレというよりは、バランス重視で行う
運動だと考えて下さい。

腰痛の人がブルガリアンスクワットをするメリット

腰痛を持っている人の多くは、立っている時の
姿勢やバランスが悪かったり、

足にかかる負担が太ももの前面や
外ももに集中している傾向が強いです。

なのでこの部分を変えない限り
整骨院に行って緩和してもらったとしても
再度、腰痛が出てくる恐れがあります。

腰痛っていうのは総合的なバランスの悪さが
結果として腰痛という症状で出ています。

筋肉のバランス、

骨盤のバランス、

姿勢の影響によるバランス、

これらの一定のバランスラインを逸脱したときに
腰痛が出ると私見ですが判断しています。

腰痛を今以上に強くしないためには
今の体のバランスを整える必要があり、
それは動きの中で確認しながら
自分の体のバランスを整えることが
一番効果的。

今回お伝えしているのは足のバランスと上半身の支持を
連動して行うため、自分のバランスの悪さが露呈して
分かりやすいかと思います。

ブルガリアンスクワットの注意点

前方にセットした足の膝を曲げる時に
つま先よりも前に出てしまうとバランスが
崩れたスクワットになってしまうので注意が
必要です。

また、前傾姿勢になってしまうと
腰に負担がかかってしまうため注意しましょう。

腰を落としていく際は、姿勢を真っすぐに保って
太ももの前面、太ももの後面
お尻、内ももの筋肉をバランスよく
集中的に促進しましょう。

常に姿勢はまっすぐ維持することを
心がけて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする