外反母趾の超手軽な治し方や予防と誰しも共通している原因とは?

SNSフォローボタン

フォローする

外反母趾と聞いて知らない女性はいないほど
有名な足の親指が痛む症状。

簡単に説明すると
足の親指の付け根が「く」の字のように
外側に突出した状態で、それが悪くなると
靴を履いただけでも痛みが出ます。

特に中高年に多く見られますが
意外にも子供にもみられることがあります。

ここでは外反母趾の予防や治し方、
パンプスなどで起こってしまう原因について
お伝えしていきます。

なぜ女性が外反母趾になるのか?

一番は女性特有のパンプスやハイヒールといった
靴の影響でなってしまうことが原因なのですが
もっと根本的な理由があります。

女性の場合、男性と比べると関節が柔らかく
変形しやすいために靴の影響などにより
圧力が持続的に加わると外反母趾になりやすいのです。

若い時は関節が柔らかいので痛みも
ある程度我慢できますが、
中高年になってくると、
関節が硬くなってくるため
変形により痛みが強く出ます。

外反母趾になりやすい足とは?

全ての人が外反母趾には当然なるわけではなく
なりやすい人はある共通点があります。

足の指では、おや指が一番長い人

上の図で言うと【エジプト型】の足の人ですね。

日本人のほとんどはこのタイプになるようです。

しかしながら
あなたが持っている靴を確認してみてください。

市販の靴はほとんどの物は
ギリシャ型の靴の形をしていないでしょうか?

うん!してますよね。

特にパンプスとかは特徴的ではないでしょうか?

もし、おや指が長いエジプト型の足の人が
ギリシャ型の靴を履くと、おや指は小指側に
無理やり強制的に向けられるようになります。

歩き方が「ペタン、ペタン」と歩く人

歩くときは普通であればカカトから接地しますが、
ペタンペタンと歩く人は足底全体で接地して
歩きます。

このような人は常に膝を曲げて歩く傾向に
ある人です。

そして「開張足」という状態にほとんどの人が
なっています。

開張足とは、足の甲の高さが一般の人よりも
低くなり広がった状態。

そして足の指の間隔も広くなっています。

外反母趾の傾向にある人は
このうちのどちらかの状態であることが
極めて高いです。

もし、どちらかの状態である場合は
パンプスやハイヒールは避けた方がいいでしょう。

外反母趾を防ぐセルフケア

外反母趾は日ごろのセルフケアで悪くならないように
防ぐことが可能です。

ここでは手軽にシンプルに効果があるものを
紹介していきます。

足指をグー、パーと動かす

足指をグー・・・っと

軽めの力で閉じます。

強く握りこむように力をいれましょう。

注意点としては
指の付け根から曲げるということです。

そして

パー!と開きます。

ココはなるべく全力を込める感じで
指を広げてみましょう。

外反母趾は痛みが出てくると
だんだんおや指を動かすことが
出来なくなってきます。

なので、おや指の動く範囲を
保つことが必要です。

また指を開いた際に、足底(足の裏)がつることが
あります。

これは足底の筋力が弱っているために
出てくる症状です。

繰り返し行う事で慣れてきてつらなくなります。

もし、足の力だけでグー、パーと運動が
出来ない人は手を使ってグー、パーと
補助しても構いません。

慣れてくれば足の力だけでできるように
なってきますので最初は焦らず手で補助して
やってみましょう。

足指を廻す

画像のように足底の方から自分の手の指を
足の指に絡ませるようにします。

そして、

手の指でグッと持って、
ぐるぐると足の指を廻します。

画像では右回りになってますが
もちろんこれは左回りにも回しましょう。

これを行う事で足の代謝作用が向上し
外反母趾の矯正効果が高まります。

外反母趾は特に付け根の可動域を保ち、
この記事で書いたような外反母趾になりやすい
足に当てはまる場合は予防する事が一番です。

自分の足の状態を見きわめて
対処していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする