肩こりに効く腰痛に効く!3つの入浴効果がハンパない

SNSフォローボタン

フォローする

入浴は1日を締めくくる最高のイベントだと
思います。

そして、入浴は

肩こりに効くし、腰痛に効くしで

最高の時間とも言えます。

なぜ、入浴は腰痛や肩こりに効くのでしょうか?

そのことについて
お伝えしていこうと思います。

入浴の3つの効果

入浴には3つの効果があります。

温熱効果による血液の促進効果

体がお湯の熱で温められると、、熱を逃がそうとして
体の表面の毛細血管が拡張します。

そして、
血液を体の中から表面に移動させて
外に熱を出そうとします。

結果、血液の循環が良くなります。

さらに、熱くなった体を冷まそうと
汗をかきます。

血液が体の中を巡り
老廃物が汗と共に体の外へと放出されていきます。

これにより肩こりや腰痛の原因となる
疲労物質も少なくなります。

浮力によるリラックス効果

人間が首のあたりまでお湯につかると
体重が9~10分の1になります。

これにより一番負担がかかるのが
筋肉です。

陸上にいるときは
どんな態勢であっても筋肉は常に重力と
戦っています。

その中でも特に
腰や背中などの体幹の主軸となる部分は
姿勢保持のため筋力を使い続け、
疲労により痛みが出てきます。

入浴はこの筋力を使い続ける緊張状態から
解放してくれます。

水圧による効果

陸上で暮らしていると、血液やリンパ液は
重力によって押し下げられます。

すると足に集中するようになります。

しかし、お湯につかると
水圧によって血液やリンパ液が押し上げられます。

さらに圧を受けることで
滞りやすい部分の血流もポンプで押し出されて
流れ始めます。

水圧はマッサージの効果と似ていますね。

入浴効果をアップする

これまで書いたことが、入浴すると
肩や腰の痛みを軽減できる理由です。

入浴しただけでもこれだけの効果がありますが
さらに効果をアップする工夫があります。

温度

温度が高いと、筋肉が緊張してしまうので
リラックス効果が薄れています。

といっても低すぎるのも温熱効果が
得られないので適温は39~40度
ぐらいに調節しましょう。

時間

入浴時間は最低でも10分を目安にしましょう。

血液は1分間で体内を1~2周するので
10分であれば10~20周してくれます。

入浴時間が短いと
血液が循環する時間も短くなるので
肩こりや腰痛への軽減効果もなくなってしまいます。

リラックス効果を高める

リラックス効果を高めるために、入浴剤を使ってみるのも
良いですね。

入浴剤によっても効能はいろいろあるので
香りを嗅いで、気持ちが安らぐような
ものを使い、体の力を抜いてのんびりと
お湯につかる。

風呂の中でのちょっとした工夫

入浴には3つの効果があって

・温熱効果による血流の促進

・浮力によるリラックス効果

・水圧による効果

これら3つの効果で肩こりや腰痛を
軽減、緩和できるということをお伝えしました。

入浴するだけでもこれだけの恩恵を受けることが
できるのはすごくいいことですね。

肩こりに対しては、肩甲骨の周りの筋肉が
硬くなっている事が多いので、
浴槽の中に入ったら、

肩甲骨を上下左右に動かす

肩甲骨をまわす

ちょっとこれをやってみてください。

血流の促進がさらに促され、
肩こりが軽減するはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする