腰痛予防の対策としてストレッチは信頼できるのか?

SNSフォローボタン

フォローする

腰痛は一度なってしまうとクセになって
治ったように思っても実はまた
出てきてしまう可能性があります。

ということは
腰痛を予防することが一番です。

そこで、

腰痛の予防の対策
腰痛の予防のストレッチ

などをここではお伝えしていこうと思います。

しかし、なってみないとこの重要性には
なかなか気付けないんですよね。

腰痛予防に大切な事

腰痛を予防するためには、まずなぜ腰痛になって
しまうのかを知っておかなければいけません。

主に腰痛になってしまう原因は

・腰背部の筋肉の酷使

・背骨の柔軟性の低下

が考えられます。

この2つのどちらかに可能性があるのであれば
今からでも予防を考えた方がいいですよ。

腰背筋の筋肉の酷使

腰背筋は主に腰の部分の筋肉のことを指します。

この腰背筋は普通に姿勢を保ったり、
重いものを持つときに強く働いたり、
歩くときなんかも働いたり、

しています。

そして一番使われているのは

座って何か作業をするとき

なんです。

座っているだけでも腰背部の筋肉は
使われていて、そこから両手で重いものを
持って前にあるデスクに置こうとするときに
腰背部の筋肉の負担はかなりのものに
なります。

この時間が長ければ長いほど
腰背筋を酷使している状態になり
1日の総時間で見ると腰背筋の負担は
相当なものになるでしょう。

背骨の柔軟性の低下

背骨の柔軟性とは動きだったり、可動域のことを
ここでは言っています。

なぜ、動きや可動域が低下すると
腰痛になっていまうのか?

それは

腰背筋のストレス増大

に関係してくるからです。

背骨の動きが硬いと、腰背筋にも負担が
かかってしまいます。

このまま状態が持続すると
腰背筋の筋肉の緊張が高まってきます。

この緊張が高まると筋肉はもっと硬くなっていき
また背骨の動きが悪くなる。

そして血流も悪くなり
老廃物も排出されにくくなるので
疲れも溜まり、そのまま腰痛が出やすい状態になってしまいます。

腰痛を予防するには?

腰痛を引きおこす原因は

・腰背部の筋肉の酷使

・背骨の柔軟性の低下

でしたね。

では、予防するためにはどうしたらいいのか?

それはこの2つを予防することです。

・腰背部の筋肉を酷使しないこと

・背骨の柔軟性を保つこと

これらを行えれば、腰痛を予防する事ができます。

まずはこちらに書いていることをやってもらうと
いいですね。

背骨を柔軟に保っておくことができれば
筋肉も酷使しませんし、血流循環も良く
なります。

腰痛を予防するもう1つの要素

また背骨の柔軟性を高めるためには

肩甲骨が動くこと

も大事です。

その方法はこちらを見て下さい。

肩甲骨は背骨の近くについているのですが
その近くの背骨の動きが悪くなることでも
腰痛になってしまいます。

肩甲骨の近くの背骨は”胸椎”と言いますが
腰の背骨(腰椎)よりも胸椎の方が
動きが大きいのです。

この胸椎部分の柔軟性がなくなってしまうと
腰椎の動きに依存してくるようになる。

依存状態になると
かなり腰への負担が増強してしまいます。

ですから
肩甲骨の動きを保つことも腰痛を
引き起こさないための大切な要素に
なります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする