太ももをダイエットする超効率的な実践法

SNSフォローボタン

フォローする

太ももをダイエットして細くしたい!

と思って様々な
ダイエット方法に手を出している人を見かけます。

しかし
実際ダイエットで太ももを細くしようとしなくても
もっと簡単で効果が高い方法があります。

それは

普段の生活面の見直し

これをするだけで普段の生活が、太ももを
細くするためのものへ変わってきます。

【生活面で見直すもの】

では、太ももを細くするためには何を見直す必要が
あるのか?

これは簡単で

「姿勢」

「歩き方」

ですね。

これらを見直して、習慣化していけば
ダイエットみたいに意識しなくても
自然と生活の中の一部になるので
無意識に行う事ができるようになります。

もちろん
それまでは姿勢や歩き方を意識しなければいけません。

しかし逆に習慣化すればダイエットのように
ダイエット期間というものは無くなるので
常に太ももを細い状態で保つことができます。

【太ももを太くしてしまう歩き方】

・内股ぎみで歩く

・膝が曲がったまま歩く

・足を振り出して地面に着くときに、カカトからではなく、つま先からついている

これらが主に日常でもよく見られる
太ももを太くしてしまう歩き方です。

内股ぎみに歩いてしまう人は、
反り腰の人に多く、

膝を曲げたまま歩く人は
猫背に多いといった特徴があります。

なので、このようなところで
姿勢がとても大事になってきます。

【太ももが太くなる歩き方】

太ももを細くするためには

無駄だらけの歩き方をしない

ことです。

たとえば
膝を曲げたまま歩いている人は一言でいうと

アクセルを踏みながらブレーキをかけて

歩いている状態です。

言ってみればケンカしあっている状態です。

これイメージからして、すごく無駄な歩き方ですよね。

流れで伝えていくと

太ももの裏側の筋肉は、歩くときに

膝を曲げる、

股関節を中心に足を後ろに振る、

という働きをバランスよく行っています。

しかし
多くの人は、膝を曲げることに力を使っています。

そして
太ももの筋肉は、足を降り出して地面に着くとき
膝を伸ばす働きをします。

これって変だと思いませんか?

膝を曲げたいけど、伸ばすこともしたい

という状態です。

車で例えると

前に進みたいけど、止まることもしたい

という状況です。

一体どうしたいんだ!
というハッキリしない感じ。

まるで

浮気するけど、付き合ってくれ!

と言っているようなものです(笑)

うん、女性からするとこっちの方が
断然分かりやすい例えかもしれませんね(^_^;)

どうですか?

これってすごく効率悪過ぎますよね!

こうゆう無駄なことを繰り返すことで
余計な力を太ももが使ってしまい
太ももが太くなっていくのです。

そう。

浮気されたら、きっとあなたは
怒りが沸々と心底から湧いてくるはずです。

その怒りであなたは無駄なエネルギーを
使わざる得なくなると思います。

彼氏と口ゲンカしたり、

ケンカするけど妙に悲しくなったり、

不安定になりますよね?

これって無駄だらけの状態です。

うん、話を戻しましょう。

【太ももが細くなる歩き方】

結局、何が言いたいのかというと

アクセルを使って歩けば太ももは細くなる

ということです。

じゃあ、アクセルってどこかと言うと

アクセル = 太ももの裏側の筋肉

です。

膝を曲げたまま歩いていると、
アクセルは踏まずに、だけど
ブレーキはかけたままといった
矛盾した歩き方になります。

この太ももの裏側の筋肉を使った
正しい歩き方をすれば足も細く見せられます。

じゃあ、正しい歩き方っていうのは?

こちらの記事をご覧ください。
正しい歩き方

こちらに書いているように歩くことを心がけて
みてください。

【効率的な歩き方】

ブレーキを掛けずにアクセルをちゃんと働かせて
歩くという事は、つまり

効率的な歩き方

とも言えます。

効率的だから無理して、力を発揮する必要がないので
その分、足は細く保たれるんですね。

この太ももの後ろの筋肉を意識して歩くと
それはもう疲労感もハンパなく違います。

特にきつくなった時に
足を振り出すことがきつくなってくるものですが、
カカトで地面を押すと、足を無理して出している
感じはなく、そのまま推進力を保ったまま歩けます。

力ではなく、推進力で歩く

これが太ももを太くしない正しい歩き方になります。

そして
歩くことにこちらにお伝えしたことを
意識して、取り入れるだけで
自然と太ももが細くなっていくので
ダイエットのような辛さはないので
ぜひ、実践してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする