免疫力を常に高める超簡単な方法

SNSフォローボタン

フォローする

免疫力、自己治癒力は健康に毎日を過ごすために
必要な能力です。

免疫力を高めたい、自己治癒力を高めたい。
これらに共通しているのは

体温

です。

免疫力、

自己治癒力、

これらは体温が低いと比例してその能力も
低くなると東洋医学ではいわれています。

なので

免疫力を高くしたい!

自己治癒力を高めたい!

と思うのであれば体温を上げることが必須になってくるわけです。

<体温を上げるためには>

体温を上げると代謝が良くなるので、それに比例して
免疫力も自己治癒力もアップするのですが、
その作用を最大限にするもの。

それが

スムーズな血液の流れ

です。

血流だけではなく

「スムーズ」

な血流の流れというのがポイント。

血液の働きは
摂取した栄養や酸素を全身の細胞に運び
老廃物を回収する働きをしています。

ですから
血流が滞ってしまうと、細胞がうまく機能せず
免疫力がダウンして、病気になりやすくなります。

高齢者を例にするとわかりやすいのですが
高齢者のふくらはぎを触ってみると

むくみがあったり、

筋肉が減って弾力がなくなっていたり、

する人が圧倒的に多いのですが、高齢者って免疫力が
低いですよね。

「加齢だから仕方ない」と思う人も多いですが
そんな中、しっかりふくらはぎに弾力がある人も
います。

そのような人は全員ではありませんが
病気にならない人が多いのも事実です。

つまり免疫力が高いということ。

自分でふくらはぎを触ってみてください。

どうですか?

弾力はありますか?

ぷにょぷにょな人は免疫力が低いので
気を付ける必要大ですよ(笑)

<スムーズな血流にするためには?>

ふくらはぎがぷにょぷにょな状態では免疫力がアップするのは
難しいです。

なのでこちらの記事で紹介した方法でスムーズな血流を手に入れましょう。

カンタンですが、ただやるだけではダメです。
効果半減です。

ちゃんとイメージしてやってみてくださいね。

「あー、今スムーズな血流をうながしている」

「免疫力がこれでアップしていく」

と思いながらイメージしてやってください。

僕もこれを
体調がすぐれない人だったり、
動きが硬い人だったり、
よく体調を崩す人だったりに
実行してもらっています。

すると

「体がポカポカする」

という声を聞きますが、これ自分で免疫力が
高まっているのを実感できている証拠です。

ぜひ挑戦してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする