ふくらはぎがつる時に超有効なマッサージ

SNSフォローボタン

フォローする

ふくらはぎがつる

ふくらはぎが痛む

これらにはある共通点があります。

今回は
ふくらはぎがつる、

ふくらはぎが痛む

この2つの共通点についてお伝えしていきます。

<ふくらはぎのストレス>

人は重力を常に受けて生活を送っていますが

この重力が与える影響って知っていますか?

ふくらはぎにはそこまで筋肉が多く付いているわけではない
にもかかわらず足首と連携しながら立ったり、歩いたりする
バランスを保っています。

そして
重力の関係上、全身の血液の6~7割は
下半身に存在しています。

ビックリですよね?!
この血液を全身へ循環させるために
ふくらはぎのポンプ作用が非常に大事なのです。

こんな重要な役割を担っているのに
痛みが出たり、つったりするのは非常に恐怖を
感じてしまいますが、なぜこんな症状が出てしまうのか?

<痛みが出たりつったりするのはあるサイン>

ちなみに親指でふくらはぎを押してみましょう。

その時、痛いですか?

痛みがあるのであれば、

血流が滞っているサイン

です。

つまり
血流が滞っているので
「痛み」

「つってしまう」

症状が出ている可能性があります。

そんな時は10分ほど
ふくらはぎをマッサージしてみましょう。

こんな風に両手の親指で適度な強さで(強すぎは☓)
マッサージしてみましょう。

もし痛くなくなれば
血流改善のサインです。

タイミングとしては
お風呂に入った時に湯船の中や
お風呂あがりにされると効果的ですね。

上の図の

腓腹筋内・外側頭からアキレス腱の下の方までを
マッサージする感じで行うとイメージしやすいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする