腹筋 の 鍛え方で効果が高い忠実基本の方法

SNSフォローボタン

フォローする

「腹筋を鍛える」

ことは手軽にできる筋トレで

誰もが最初に行う筋トレ方法かもしれません。

「あー、最近お腹がたるんできたかなぁ」

と思った時は気軽にできるし適度に疲れも
でるのでやりきった感は持つことができる
筋トレの1つでもあります。

<間違った腹筋>

ここではこの腹筋はやっても効果がないやり方を
あげていきます。

【勢いを使った腹筋】

お分かりとは思いますが、腕や足を使って反動をつかった腹筋を
しても効果はありません。

それは筋肉の活動を使ってないからです。

実際に反動をつけてやってみて
腹筋が疲労していたり、びきびきした感覚があるでしょうか?

たぶん、ないですよね。

すごく楽ですが、効果なく時間を消費するだけなので
やらない方が時間の無駄にはなりません(>_<)

【完全に起き上がる腹筋】

僕も実はこのやり方をやっていました・・・(>_<)

上半身を完全に起こさないと腹筋への効果が得られない。

実際には完全に起き上がる必要はなく
そのうえ、腰痛を引き起こしてしまう可能性もあるので
これはあきらかに間違ったやり方です。

<忠実基本の腹筋のやり方>

それでは、腹筋を鍛えるための忠実基本のやり方をお伝えしていきます。

①.まずは仰向けになって、しっかりと両膝を立てましょう

②.おへそを見るように”ゆっくり息を吐きながら”上半身を持ち上げます。

ここで大事なのは「ゆっくり息を吐くこと」です。

そして上半身を持ち上げすぎないこと。

おへそが見えるくらい起き上がればOKです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする