スマホが肩を破壊する?!スマホが与える現代病の真実

SNSフォローボタン

フォローする

スマホは様々な現代病を生んでいますね(笑)

スマホの影響というと、首や腰に影響を与える
イメージがありますがそれだけではありません。

意外にもにもスマホの影響が波及しています。

『スマホの影響による巻き肩』

スマホによる巻き肩とは?

巻き肩は円パイの人がなりやすいのですが、
肩が内側に巻き込んでいる状態のことです。

電車のなかでスマホを扱っている人によく見かけますが
胸を張ってスマホを操作してると思っていても
スマホを体の真ん中で操作しようとすると
どうしても肩から肘にかけて内回ししないと上手く
操作できません。

スマホでの巻き肩ってどんな影響がでるの?

巻き肩の状態をずっと維持していると、

首が凝ったり、
腕が上がりにくくなったり、
肩の周囲のだるさをきたしたり、
肩甲骨周囲がつっぱったり、
頭痛がしたり・・・

ざーっと書きましたが、これら以外にも様々な症状を
併発する可能性があります。

特に怖いのは神経症状で、首の筋肉がつっぱることで
神経が圧迫され、両肩や腕に動作をしているときに
神経特有の痛みが走ってしまうようになることです。

こうなると生活するのに支障がでてしまいます。

高いところにあるモノがとれなくなったり、

かぶりタイプの洋服が着づらい、または着れなくなったり、

ちょっと後ろにあるモノも体を捻らないと取れなかったり、

痛さを補うためにかなり面倒な動作が増えてきてしまいます。

そして厄介なのは

そのまましていても治らない

ということ。

なのでそうならない予防をしていくことが大事で
こちらの記事で紹介した方法でストレッチすると
予防できます。
ストレッチ方法

猫背になれば、肩が巻き込まれてしまいますが
このストレッチだと猫背予防にもなり
肩を巻き込むことも防ぐことができます。

やっぱり

”姿勢”

これ大事です!

大事すぎます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする