スマホで首の痛みを出さない驚きの簡単なストレッチ

SNSフォローボタン

フォローする

今現在、スマホは自分の体の一部みたいに
常に肌身離さず持つことが当たり前ですが
これが原因でスマホで首を痛めてしまう

「スマホ首」

が増えています。

そして、
スマートフォンやタブレットの影響で首にあらゆる症状が
出ることを ” テキストネック ” と言われています。

革新的なものが出てくると同時に
人の体にも新しい症状や病名のもの
いわゆる現代病が生まれます。

テキストネックの症状

スマホの影響により日ごろから首にかかる負担が大きくなっているために
首の筋肉へのストレスが大きく、うまく頭部を支えることが
できなくなってしまう。

姿勢の異常で疲労した筋肉は、筋肉を使い過ぎた筋肉痛の
疲労とは違い、本来の姿勢ではない状態で筋力を使うため
かなり無理した状態で力を入れるようになります。

そうなると
首に常に疲労感が出てきて、痛みがでるように
なることもあります。

また、頸椎のズレや頸椎周囲の筋肉のツッパリによって
神経を圧迫し、手にしびれが出てくることもあるわけです。

頸椎のズレが生じると、頭痛やめまいが出てきてしまうこともあり
それが続けば、うつ病に繋がる可能性もあります。

首は予防することが一番効果高い

首って結構繊細な部分でもあり、
神経、動脈、静脈と人間にとって必須のものが
通っている部分です。

ここを手技で矯正とかしてしまったら
その後、何か症状が出てしまうかもしれないし、
反対により今よりも痛める可能性もあるので
首はデリケートなぶん、治療が難しい場所。

できれば予防することが一番、首にとっては
最大のメリットになります。

寝る前に首のストレッチ

首がつっぱることがでてきたなとか、

首から肩にかけて凝りがひどく感じるようになったとか

よく頭痛がして日ごろ集中できないとか、

という人はバスタオルを使って姿勢を整えてみましょう。

こんなにバスタオルは使いませんよ(笑)

1つだけバスタオルを使ってこのようにグルグルと
巻いた状態にします。

その巻いたタオルを仰向けに寝た状態で
首の後ろに挟みこみます。

そのまま5分から10分くらいそのまま
寝てみましょう。

すると、
首の湾曲を整えるためのストレッチになります。

カンタンでしょ?

僕もよくパソコンやスマホを扱うので
気を付けていても集中してしまうと
姿勢が崩れてしまい、頭痛がでることがあります。

そのたびに
このようなストレッチを行って日々
姿勢を整えることを大切にしています。

できれば2日に1回のペースで行うと
いいでしょうね。

結構、首って生活でも仕事中でも負担がかかっていることが
多いですから、意識してあげて負担を軽減させてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする