片足立ちできない人でもたった3分で効果が出る方法

SNSフォローボタン

フォローする

いきなりですが
片足立ちってできますか?

できる人はできるのでしょうが、
できない人は本当にできません。

この差って何なんでしょうか?

そもそも片足立ちは、左右の股関節の

位置の違いによる脚長の差や、
体重を支えやすい足がどちらなのか、
これらを知ることができるのですが、
誰でも片足立ちをしやすい足と、
片足し立ちをしにくい足とに分かれます。

この差は骨盤のゆがみによって決まってきます。

このブログでも何回かお伝えしたかと思いますが
骨盤は「前傾」という歪みと、

「後傾」という歪みがあります。

で、実際に片足で立ってみたときに
後傾した骨盤側の足の方が軸がしっかりとした状態で
安定して立つことができます。

逆に、
前傾した骨盤側の足で片足立ちすると、
フラフラしてしまいます。

ここで分かるのは
安定した状態で立つことができるのが骨の支持
立っている足で、

フラフラとバランスを取りながら立っているのが
筋肉の支持で立っている足なんです。

その他にも
片足のまま膝を軽く曲げたり、伸ばしたりしてみましょう。

すると今度は、
骨支持で立っていた足の方はバランスがとれず、
筋肉支持で立っている足はバランスを崩しながらも
立つことが可能です。

ここで分かるのは
骨支持で片足立ちをしてしっかりと体重を支えている足は
安定して立つことには向いていますが、ちょっと動きを取り入れると
バランスを容易に崩してしまいます。

一方、
筋肉支持でバランスとった片足立ちは、筋肉でバランスをとるので
安定性は悪いけど、動きが入ると、筋肉支持の片足立ちの方が
バランスを取りやすくなります。

片足立ちで相撲をしてみると分かりやすいですが

骨支持で立っている場合、
地面をしっかりと捉えて立てるので、押す力が強くなります。
しかし、いったんバランスを崩してしまったら踏ん張りがきかなくなってしまいます。

筋肉支持で立ってる場合、
押す力は弱いものの、押されてバランスを崩しても
なんとかバランスを整えやすいのです。

そのほかにも

骨支持で片足立をして支える足は
体を支えるときに、上半身が片足支持する真上まで移動してきて
効率的に上半身を支持しようとします。

筋肉支持で片足立をして支える足は
常に上半身はバランス悪くフラフラとなりながら、
筋肉を使って片足で立つことになります。

なので、
片足立ちできないという人は、
ここにお伝えした特徴を見ながら
”骨支持”が得意な方の片足立ちはどちらかを確認して
やってみるとしやすいでしょう。

歪みがあるということは
一見悪いように見えがちですが、
このように「しやすい」方と、「しにくい」方を
理解して、使い分けすればそれぞれの足に役割があると
判断材料にもなりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする