脚を組むと骨盤のゆがみはどうなる?

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、masaruです。

脚を組むことがクセになっている人は
骨盤のゆがみが大きくなってくるものなのでしょうか?

ちなみに

どちらの脚でも脚を組むことができる人は
骨盤の左右差が少ないようです。

そもそもなぜ、
均等にどちらの脚も組みやすいということはなく、
いつも上に組む脚が決まってしまうのでしょうか?

これはゆがんだ骨盤に関係しているのですが
右か左かの骨盤がゆがむと、脚の長さに左右差がでてきます。

たとえば何も気にせず無意識に椅子に座ってみて
そのあと、膝の位置を確認してみて下さい。

すると、どちらかの脚が長いはずです。

そして日ごろ脚を組む時を思い出してみて
その長い方の脚を上にして組んでいると思います。

実際に長い脚の方を上にして組んでみると
すごくしっくりきて、安定するのではないでしょうか?

では、どんな時に脚を組みたい、
または無意識に組んでしまうのでしょうか。

基本的に脚を組みたいと思うときは
骨盤にかかる体重が抜けているとき

です。

たとえば
背もたれに寄りかかっているときや、

デスクの上に腕をよりかけている時や

横になっている(寝ている)時です。

また、

座っている時というのは、
両方のお尻に体重を均等にかけているわけではなく
常に右や左にその都度、体重を移動させて座っています。

組みやすい方の脚で、脚を組むのは
骨盤のゆがみによって左右のお尻にかかる
体重に偏りがあるために長い方の脚を上にして
組むことによって姿勢を安定させようとしているのです。

と、言う事は

脚を組むということは、
偏った重心のバランスを改善させようと体重を片側に
かけてみたり、左右差がある坐骨の調整をしようとする
必要な無意識的な行動なわけですね。

つまり
骨盤がゆがんでいる人ほど脚を組んでしまう傾向がある

と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする